パスワードとユーザー設定の変更

アカウントのオーナーか管理者であれば、New Relic アカウントのユーザーの追加や削除、ユーザーロールの変更が行えます。名前、メールアドレス、パスワード等の自身に関する情報は、自身で変更が可能です。

パスワード要件

アカウントに強力に保護するためにパスワードは、最低限、以下の要件を満たす必要があります。

  • 文字数が 8 – 50 の間であること
  • 1つ以上 (a-z, A-Z)の文字が含まれていること
  • 1つ以上の数字 (0-9)、特殊文字、スペースが含まれていること。

特殊文字として次の文字を使えます。~ ` ! @ # $ % ^ & * ( ) _ - + = { [ } ] : ; " ' < , > . ? / | \ スペースも利用可能です。

New Relic の要件に加えて、パスワードの長さ、大文字または小文字、数字、特殊文字などの使用については、所属する組織のガイドラインに従ってください。

パスワードの変更

New Relic アカウントのパスワードには、有効期限はありません。しかし、ユーザーは自分のパスワードやその他の個人のアカウント情報をいつでも変更することができます。

  1. New Relic のメニューバーから、(アカウント) > User preferencesを選択する。
  2. Current password [現在のパスワード]を入力する。
  3. (最低限の要件を満たした)新しい Password を入力する。そして、新しいパスワードを再度 Password confirmation [パスワードの確認]に入力する。
  4. Save user preferences [ユーザー設定の保存]を選択する。

その他の設定の変更

自分のパスワードの変更に加えて、 New Relic のユーザーは他の User preferences [ユーザー設定]を変更できます。ユーザー設定には以下があります。

  • New Relic に表示される Full name [フルネーム]
  • サインイン及び New Relic からのメールの受信に使用している Email
  • New Relic アカウントが複数ある場合に、サインインした際に自動的に表示される Default account [デフォルトアカウント]
  • アカウントのアクティビティに適用している Time zone [タイムゾーン]
  • 設定している場合は、グローバルに認識されるアバターに紐づく Gravatar email アドレス
タイムゾーンの設定では、New Relic UI に表示される日付と時間を制御します。この設定は New Relicの REST APIの設定には反映されません。REST API では協定世界時(UTC)を使います。

変更を完了する際に、Save user preferences(ユーザー設定を保存)を押していることを確認してください。

関連情報

関連する情報は以下のとおりです。