SSO 設定のメンテナンス

SAML SSO ログインの設定、テスト、有効化をした後、New Relic アカウントの全ユーザー(アカウントオーナーと管理者含む)は、New Relic へのログインに指定した SSO URL を使う必要があります。このユーザーのメールアドレスは、New Relic に設定されている内容と一致していなくてはなりません。(New Relic 以外のアプリケーションにアクセスする SSO URL を使用できるかは、それぞれのアプリケーションに設定されている権限によって異なります。)

アカウントのオーナー管理者は、直接 New Relic にログインできません。SSO から締め出され、SSO を無効にしたり、設定を変更したい場合は、support.newrelic.com のサポートを受けてください。で支持を得ます。

SAML SSO 情報の更新

New Relic のアカウントオーナー: SAML シングルサインオンの情報を更新する手順は以下のとおりです。

  1. 設定されている SAML SSO ログイン URL を利用して New Relic にログインします
  2. New Relic のメニューバーから、(アカウント) > Account settings > Security and authentication > Single sign on を選択します
  3. New Relic との SAML インテグレーションを一時的にオフにして、設定を更新するために、Disable SAML login [SAML ログインの無効化]を押します
  4. オプション: 既存の SAML 証明証を変更するには、Choose File を押します。次に、通常の手順どおりに、ファイルの選択および保存を行います。そして、Save my changes [変更を保存]を押します。
  5. オプション: 既存の SSO URL を変更するには、Remote login URL [リモートログイン URL]または Logout landing URL [ログアウト URL]をコピー&ペーストするか、タイプ入力し、Save my changes [変更を保存]を押します。
screen-sso-update.png
(選択したアカウント) > Account settings > Security and authentication > Single sign on: アカウントオーナーは、SAML 証明証情報とシングルサインオンの URL の更新、無効化、削除できます。

メールアドレス

アカウントオーナーまたは管理者は、New Relic へログインするのに使うユーザーのメールアドレスが SSO メールと一致させるようにしてください。SAML 認証されたユーザーは、自身のメールアドレスを変更できません。

あなたの組織の New Relic アカウントのユーザー情報を更新する手順は以下のとおりです。

  1. New Relic のメニューバーから、(アカウント) > Account settings > Account > Summary を選びます
  2. ユーザー一覧から、ユーザー追加、既存ユーザーの編集、既存ユーザーのアカウントメールまたはロールの編集、それらの削除のいづれかのオプションを選択します

関連情報

関連する情報は以下のとおりです。

  • SAML アカウントへのユーザー追加 (New Relic の SSO 機能を使って、各ユーザーにアカウントを確認してもらう。または、エンタープライズやボリュームアカウント限定ですが、この機能を使わないで、アカウントユーザーをアクティブにできます。)
  • ユーザーの追加と更新 (New Relic UI上で、オーナーと管理者アカウントが、アカウントのユーザーとロールの追加、更新、削除する方法)
  • SSO 設定の削除 (New Relic との SSO インテグレーションの完全削除)