トラブルシューティング用のログの生成 (Java)

Java エージェントのトラブルシューティングを行う際は、エラーを詳細に確認できる finest ログを生成します。トラブルシューティングが完了したら、ログファイルを元の設定に戻してください。

ログファイルの生成

newrelic.yml にある設定の変更のみを行っただけであれば、サーバーや JVM の再起動は必要ありません。しかし、その他の変更をした場合は、サーバーや JVM の再起動が必要です。newrelic.yml ファイル内の行のインデントを変更しないようにしてください。

詳細な finest ログファイルを生成する方法は以下のとおりです。

  1. newrelic.yml ファイルを編集して、log_levelfinest に変更します。
    # The agent uses its own log file to keep its logging 
    # separate from that of your application. Specify the log level here.
    # This setting is dynamic, so changes do not require restarting your application.
    # The levels in increasing order of verboseness are:
    # off, severe, warning, info, fine, finer, finest.
    # Default is info.
    log_level: finest
  2. 十分なログが生成されるように、5分ほどウェブアプリを動かします。
  3. テスト後、log_levelinfo (デフォルト) のような詳細すぎないレベルに変更する。
  4. ログファイルを開き、エラーを調べます。
“finest” ログ設定は非常に冗長な出力を行うログレベルです。テスト後は、log_level を元の設定に戻して、ディスク領域を過度に消費しないようにしてください。

ログファイルの調査

デフォルトでは、ログファイルは newrelic.jar と同じディレクトリ内の logs サブディレクトリに保存されます。ログファイルやフォルダがない場合は、ログファイルが見つからないをご覧ください。