カスタム計測

New Relicは、Webブラウザのトランザクションとバックグラウンドタスクに関する情報を収集し報告します。通常、セットアップするとすぐに収集を開始し、必要なデータを見ることができます。アプリケーションコードの変更は必要ありません。しかし、お使いのフレームワーク をサポートしていない場合は、カスタム計測を追加する必要があります。

カスタム計測を使うと、以下のことができます。

  • トランザクショントレースに詳細を追加する。
  • 計測したくないと指定したトランザクションの計測をブロックする。
  • New Relic が通常収集しないコードを計測する。

カスタム計測の選択

カスタム計測を使用すると、New Relic の自動計測によって捕捉されないインタラクションを追跡することができます。また、トランザクショントレース に詳細を追加できます。これは重要な問題を特定したいときに役立ちます。

New Relic は自動的に多くのフレームワークからメトリクスを収集します。New Relic がサポートしているフレームワークを使用している場合は、 メトリクスとトランザクションを収集するためにカスタム計測を使用する必要はありません。

以下の状況のいずれが発生した場合は、カスタム計測を必要とする場合があります。

  • トランザクションがダッシュボードに表示されない。
  • トランザクショントレースに完全な詳細がなく、アプリケーションコードの時間の大きなブロックを含む。

注:サポートされているフレームワークを使用していて、トランザクション が表示されない場合は、フレームワークの計測機能が動作していることを確認するために、support.newrelic.comでサポートを受けてください。

カスタム計測の実装

エージェントごとにカスタム計測の実装は異なります。

Java のカスタム計測

Java 用エージェントにはカスタム計測を扱うための方法が2つあります。

  • Annotation :New Relic が特定のメソッドを確実に計測するために、コードに @Trace アノテーションを追加できます。少数のメソッドだけ計測している場合は、簡単にアノテーションを追加できます。複雑な計測をしたかったり、コードを変更することができない場合は、XMLを使用すすることで解決できます。
  • XML :XML ファイルに New Relic が監視するメソッドを定義します。XML の計測は柔軟で、コードを編集する必要はありません。しかし、トラブルシューティングに関しては、アノテーションよりも難しいです。

詳しくは Java のカスタム計測を参照ください 。

.NET のカスタム計測

.NET 用エージェントでは、拡張ファイルにカスタム計測を定義します。1つ以上のメソッドトレーサー(tracerFactory) を使用してトレースしたいアセンブリ、クラス、およびメソッド名を定義することができます。

New Relic は、カスタム計測用の拡張ディレクトリ内のすべてのXMLファイルを読み込みます。そのような Visual Studio のような XML 対応のエディタを使用して、Companion ファイル extension.xsd とペアリングすることができます。

詳しくは .NET カスタム計測を参照ください 。

Node.js のカスタム計測

Node.js 用エージェントはカスタム計測用の API コールを使用します。詳細については Node.js のカスタム計測を参照ください 。

PHP のカスタム計測

PHP 用エージェントはカスタム計測用の API コールを使用します。詳細については PHPの カスタム計測を参照ください 。

Python のカスタム計測

Python 用エージェントではカスタム計測を扱うための方法が2つあります。

  • 設定ファイル :計測したい関数やメソッドを指定するには、エージェントの設定ファイルを使用してください。エージェント設定ファイルは簡単にセットアップできます。コードの変更は必要ありません。ただし、API コールよりも柔軟性に欠けます。
  • API コール:Python 用APIを呼び出すには、コードの編集が必要です。API は設定ファイルを利用した計測よりも柔軟ですがコードを変更する必要があります。

詳しくは、Python のカスタム計測を参照してください 。

Ruby のカスタム計測

Ruby 用エージェントでは API コールを使用して、ターゲットメソッドを定義し、それにトランザクショントレーサーを追加します。詳細については Ruby のカスタム計測を参照してください 。

グループ化問題

メトリクスグループ化の問題とは、あるアカウントが New Relic に非常に多くの異なる名前のメトリクスを送信した際に、それらのWebトランザクションが適切に集約されないことです。
例えば、単一の /user/controlpanel/ メトリックではなく、/user/controlpanel/alice/user/controlpanel/bob/user/controlpanel/carol のようにそれぞれ独自のメトリックで表示されることがあります。

New Relic が効率的にグループ化できないくらい多くの固有の名前が付けられたメトリクスを導入した場合は、カスタム計測はメトリクスのグループ化問題を引き起こす可能性があります。数千メトリクスを送信する場合、New Relic はトランザクション数を減らすルールを適用かもしれません。詳しくはメトリクスのグループ化問題をご覧ください。

関連情報

上記のエージェントの情報に加えて、カスタム計測を使用するための関連情報は次のとおりです。