New Relic エージェントとプラグインのサポート終了

Effective 2015年1月1日に、New Relic は、最大3年間の製品サポートを行います。 「製品」には、New Relic 言語別エージェントサーバーエージェントモバイル監視用エージェントSDKプラグインのバージョンリリースを含めたものを指します。

お使いのエージェントのバージョンを確認するには、New Relic のメニューバーから、(アカウント) > Account settings へアクセスします。

Releases after January 1, 2015年1月1日以降のリリース

2015年1月1日以降にリリースした全製品は、リリース日から最大3年間サポートされます。製品が3年を超えた場合、サポート対象外となり、接続できなくなったり、データを送信しなくなることがあります。その場合は、その時点でサポートされているバージョンにアップグレードする必要があります。

製品は、セキュリティパッチやパフォーマンスの問題などで変更が必要な場合は、3年経たずにサポートを終了する可能性があります。

New Relic では、サポート終了で正常に動作しなくなるのを防ぐため、常に最新版の利用を推奨しています。

2015年1月1日より前のリリース

2015年1月1日より前にリリースされた製品が、3年を超えた場合は、このポリシーを実施し、サポート中止を開始する可能性があります。

サポート終了

以下は既にサポートが終了している製品のリストの一部です。随時更新されます。

製品 サポート終了日 備考
Ruby 2015年1月26日 Ruby エージェント 3.5.3 以前のバージョンは非推奨のサポート対象外の製品です。

関連情報

関連する情報は、リリースノート [英語] (言語ごとのエージェント、サーバーエージェント、モバイルエージェントのリリースノート) をご覧ください。