トラブルシューティング用のログを生成する (.NET)

When troubleshooting your New Relic .NET エージェントでトラブルシューティングを行う際は、debug レベルのログファイルを生成する設定が役に立ちます。

ログファイルの生成

.NET エージェント用のログファイルを作成する方法は、以下のとおりです。

  1. Open newrelic.config を開きます。通常は、C:\ProgramData\New Relic\.NET Agent (または、 %ALLUSERSPROFILE%\New Relic\.NET Agent) にあります。
  2. <log level="info" /> 設定を <log level="debug" /> に変えます。

    警告: ログファイルのサイズを注意深く監視してください。debug ログは迅速に多くのデータを生成します。問題を再現した後、ログレベルをinfo に戻すことを忘れないようにしてください。

  3. 保存して、ファイルを閉じます。そして、変更した設定が読み込まれるまで、数分待ちます。

  4. 数分、アプリを稼働させます。
  5. New Relic サポートにログファイルを送信する場合、New Relic サポートへの問い合わせ(チケット)では、newrelic.config(ファイルそのもの)を添付して、以下の二つのどちらかのLogsフォルダの内容を全部を添付してください。
    • C:\ProgramData\New Relic\.NET Agent\Logs
    • %ALLUSERSPROFILE%\New Relic\.NET Agent\Logs
  6. newrelic.config<log level="debug" /><log level="info" />に変えます。

ログファイルを理解する

.NET エージェントは、Logs ディレクトリ(パス:%ALLUSERSPROFILE%\New Relic\.NET Agent\Logs)にログファイルを保存します。.NETエージェントは、トラブルシューティングで必要となる2種類のログを生成します。1つ目は、newrelic_agent_ で始まるファイルに格納されるエージェントログです。2つ目は、NewRelic.Profiler で始まるファイルに格納されるプロファイラーのログです。左記の1つでもログファイルが存在しない場合は、.NET エージェントのコンポーネントが正常に開始されていません。

システム情報を集める

エージェントログに加えて、Microsoft System Information ファイルもトラブルシューティングに役立つ情報です。

  1. Windows のタスクバーから、Start > Run を選択し、msinfo32 と入力します。そして、OK を押します。
  2. System Information ページがロードされたら、File > Save を選択し、ファイルを保存します。 (この作業は、サーバーによっては数分かかります)
  3. New Relic のサポートチケットにファイルを添付します。

権限を確認する

.NETエージェントは起動するが、ログが書き込めないことがあります。これは、ログディレクトリの作成、ログファイルの作成を行うために必要な権限を持っていないために起こります。権限管理は、環境によって大きく異なります。これが原因ではないことをシステム管理者と協力して確認してください。

さらに詳しい情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。