Node.js のカスタムメトリクス

(例えば、タイミングやコンピュータのリソースデータ用の) API 呼び出してパフォーマンスデータを記録できます。Insights メトリックエクスプローラーから、カスタムメトリクスを検索し、カスタマイズ可能なチャートを作成し、それを Insight ダッシュボードに追加できます。カスタムメトリクスを使うと、New Relic 内の監視が統一できます。

非常に多くのメトリックを収集すると、アプリケーションと New Relic エージェントのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。この問題を回避するために、一意のカスタムメトリックの合計数は2000未満に抑えてください。

メトリクスの名前付け

メトリックの名前は、/ 文字で区切られたパスです。カスタムメトリックの場合は、以下のパターンを使用します。

<category>/<class>/<method>

カスタムメトリック名の場合は Custom/<class>/<method>Custom/<category>/<name> を使います。例えば、Custom/MyCategory/My_method となります。

カスタムメトリクスの記録

メトリックデータ記録用の公開 API は、以下の newrelic の2つのメソッドがあります。

  • recordMetric: 新しくカスタムメトリックを作成します。
  • incrementMetric: 既存のカスタムメトリックの値を更新します。

カスタムメトリックの例

以下は、メトリックを使ってサイトを流れる金額を追跡する方法の例です。

app.post('/cart/checkout', function(req, res) {
  var total = computeCartTotal(req.user);
  newrelic.recordMetric('Custom/Cart/ChargeAmount', total);
  ...
});

カスタムメトリクスの表示

カスタムメトリクスを表示するには、Insights Metric Explorer からメトリクスを検索し、カスタマイズ可能なチャートを作成し、それを Insight のダッシュボードに追加します。

関連情報

関連情報は以下のとおりです。