PHP用 New Relic

ここでは、互換性、要件、PHP用エージェントのインストールや設定について基本的な内容について説明します。より詳細な情報へのリンクも併せて記載しています。

PHP 用エージェントの使い方

  1. New Relic が利用できる PHP の 互換性と要件をあなたのシステムが満たしているかを確認ください。
  2. New Relic アカウントをお持ちでない場合は、ここを参考にアカウントを作成ください。
  3. New Relic のAccount settings [アカウント設定]メニューから、あなたのライセンスキーをコピーします。
  4. PHP拡張モジュールとローカルプロキシデーモンで利用するエージェントの インストール手順に従ってください。
  5. エージェント及びプロキシデーモン(必要に応じて)の設定を行います。
  6. デフォルトのアプリケーション名を意味のある名前に変更します。
  7. 必要に応じて、Apache または PHPのホストプログラム(php-fpmなど)を再起動します。
  8. 数分待っても、データが New Relic の UI 上に表示されない場合は、インストールのトラブルシューティングをご覧ください。

また、このドキュメント下部にあるさらに詳しい情報を参照してください。

互換性と要件

PHP用 New Relic をインストールする前に、以下のシステム要件を満たしいてるか確認してください。

注: データ収集のための標準的なセキュリティ対策として、New Relic はアプリケーションサーバーが SHA-2 (256ビット) をサポートしていることを必須としています. SHA-1 はサポートしていません。

New Relic PHP エージェント 要件
PHP 5.2, 5.3, 5.4, 5.5, 5.6
  • New Relic は、PHP 5.4.x or 5.5.x 系の最新版を推奨しています。
  • PHP 5.1 サポートは エージェントのリリース 4.0 では非推奨となっています。

パーミッションインストール: Root アクセスが必要となります実行: Root アクセスは必須ではありませんプロセッサーIntel (と互換性のある) プラットフォームのみSSE2 命令のサポートが必要です。OSLinux (x86 及び x86_64):

  • RedHat Enterprise Linux (RHEL) 5 以上
  • CentOS 5.5 以上
  • Debian 5.0 (“lenny”) 以上
  • Ubuntu 9.10 (“Karmic Koala”) 以上
  • その他の Linux ディストリビューション。 カーネル 2.6.13 以上の (2.6.26 以上を推奨) 。Native Posix Threads Library (NPTL) supportした glibc 2.5 以上。

SmartOSSolaris (x64):

警告: x86 SmartOS と Solaris 上でエージェンをと使う際は、既知の問題が発生する可能性があります。

Mac OS X (x86_64 のみ):

: Support for FreeBSD 及び 32-bit Mac OS X のサポートは、リリース 4.6 のエージェントから対象外となっています。Web サーバーmod_php を利用している場合は、Apache 2.2 又は 2.4もしくは、php-fpm を使用しての FastCGI をサポートする Web サーバーフレームワーク *

  • CakePHP 1.2、1.3 及び 2.x
  • CodeIgniter 2
  • Drupal 6、7、8
  • Joomla 1.5、1.6、2.x、3.x
  • Kohana 3.2、3.3
  • Laravel 4.0 以上
  • Magento 1.5、1.6、1.7、1.8
  • MediaWiki
  • QDrupal
  • Symfony 1、2
  • WordPress
  • Yii 1
  • Zend フレームワーク 1

PHP用エージェントのフレームワークのリストは増え続けています。お使いのフレームワークがここにない場合であっても、New Relicのエンジニアは、お使いのアプリに関して、役立つ情報を提供できるかもしれません。詳しくは、PHP フレームワーク: New Relic の組み込みサポートをご覧ください。もしくは、ヘルプが必要であったり、PHPフレームワークへの要望がある場合は、 support.newrelic.comをご覧ください。

ライセンスキー

インストール時に、New Relic のライセンスキーが必要となります。このキーは、40文字の16進数文字列です。New Relic のアカウントに サインアップすると、取得できるようになります。ライセンスキーの確認するには、New Relic のメニューバーから、(アカウント) > Account settings へアクセスしてください。

注: バージョン 3.0 以上では、New Relic PHP インストールスクリプト 及び ライセンスキーの設定 は、PHP INI ファイルにああります。

インストール

PHP インストールについてのビデオ (約1分)

標準的なインストール方法

他の環境におけるPHPのインストール及び応用的なインストール方法については、以下を参照してください。

設定

PHP エージェントをインストールした後は、エージェントとプロキシデーモンの設定を行います。その後、必要に応じて、Apache やその他の Web ディスパッチャーを再起動します。詳しくは、以下をご覧ください。

phpinfo_nr.png
phpinfo() ファイルのサンプル: PHP エージェントとプロキシデーモンを設定後、数分以内に、New Relic APM のダッシュボードにデータが表示されない場合は、New Relic が正常にインストールされているか phpinfo() ファイルの New Relic セクションを見て確認してください。

設定に関する詳しい説明は、以下をご覧ください。

さらに詳しい情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。