アラートチャネル: 通知リストの管理

アカウント管理者とオーナー: アラート通知チャネルとは、アラート通知を送信する場所のリストです。New Relic UI でチャンネルを設定することもできますし、New Relic REST API からもできます。また、用途に応じて、チャネルを複数のグループに整理することもできます。

通知チャネルの種類

宛先によって通知チャネルを作成できます。

注: New Relic MobileNew Relic Plugins でアラート通知を受信することもできます。しかし、現在のアラートポリシーはこれらの製品をサポートしていません。

アラートの通知レベル

各チャンネルでは、通知レベルを選択できます。つまり、アラートポリシーの閾値を越えたときに、このチャネルを通じてNew Relic がアラート通知を送信する頻度を制御することができます。

通知レベル 説明
All critical events [すべて致命的なイベント] ポリシーにある致命的なイベントやダウンタイムイベント全てのアラートを送信します。PagerDuty などの外部イベント管理システムと一緒に使うと便利です。
First critical event [最初の致命的なイベント] (デフォルト) ポリシーの各アラート対象の最初に発生した致命的なイベントと全てのダウンタイムイベントのアラートを送信します。その後、致命的な状態を示す「赤色」の間に、アラート対象の問題が発生した場合は、記録も表示もされますが、アラートは送信されません。アラートの問題がクリアされて、クリティカルのイベントがない状態(緑色に変わる)になった後に発生した致命的なイベントは、最初のイベントとして扱われます。よって、状態は再び赤色に代わり、アラートも送られます。
Downtime events [ダウンタイムイベント] 唯一ポリシーで発生したイベントの内、ダウンタイムイベントのアラートのみ送信します。アプリがダウンした際(可用性監視がトリガーする)、サーバーがダウンした際(サーバエージェントを実行しているサーバーが New Relic にメトリックを送信できない場合にトリガー)に送信します。

チャネルの作成

チャネルを作成する方法は、以下のとおりです。

  1. New Relic のメニューバーから、アプリを選択し、Alerts > Channels and groups > (選択したチャネルの種類)を選択する。
  2. Channelsセクションから、Create channel > (選択したチャネルの種類)を選択する。
  3. 選択したチャネルタイプ(EmailHipChatPagerDutyWebhooksCampfire)に応じて、必要な情報を入力する。詳しくはチャネル種類の例のドキュメントをご覧ください。
  4. notification level [通知レベル]を選択する。
  5. チャンネルに応じて、Create ボタン、または Integrate ボタンを押す。

New Relic のアカウントを初めて起動すると、チャネルタイプは各チャンネルについてのタイプが存在します。通知先の設定されていない状態です。チャンネルを作成すると、自動的にチャンネルタイプの拡張可能なリストに追加されます。リストには、そのタイプに存在するチャンネル数を表示します。

チャネルの編集

チャネルを編集する方法は、以下のとおりです。

  1. New Relic のメニューバーから、Tools > Alert policies > Channels and groups > (selected channel type) > (選択したチャネル)を選択する。
  2. 必要な変更を加える。
  3. オプション: 変更をテストする場合は、send text message [テキストメッセージを送る] リンクを教えてください。
  4. Save my changes[変更を保存]を押す。

チャネルの削除

チャネルを削除する方法は、以下のとおりです。

  1. New Relic のメニューバーから、Tools > Alert settings > Channels and groups > (選択したチャネルの種類)を選択する。
  2. チャネル種類のリストから、削除したチャネルにカーソルを当てる。
  3. チャネルの削除 アイコンを選択し、その後に表示される確認画面で「続ける」か「キャンセル」するを選択する。