アラートポリシーの設定

アカウント管理者またはオーナー: アプリケーション、サーバー、キートランザクションにアラートポリシーを設定できます。アラートポリシーではいつアラートがトリガーされるべきか、誰にそれを通知すべきかを定義します。

アラートがトリガーされる時をアラート条件を定義し、誰(または何)に通知するかを通知チャネルに定義します。共通のアラート条件が適用されたアプリケーション、サーバー、キートランザクションは、ポリシーに分類されます。通知チャネルのグループを定義することができます。そのチャネルには任意のアラートポリシーに割り当てることができます。組織の構造を模倣したアラート通知を配布するためのシンプルで強力なメカニズムを提供します。

New Relic UI やアラート用の New Relic のREST APIを使って、設定をカスタマイズできます。

アラートポリシーのワークフロー

アラート通知は、アラートポリシーと呼ばれる単一の統合されたインタフェースを介して管理されます。New Relicのメニューバーから、Tools > Alert policies を選択して、アラートポリシーを管理できます。

以下は推奨している設定手順です:

  1. アラートと通知を誰がどのチャネルで受け取るかを定義します。
  2. 受信者のチャンネルをポリシーに割り当てることができるグループに整理します。
  3. アプリケーションサーバーキートランザクションのアラートポリシーの条件を定義します。
  4. アラートポリシーに応じて、アプリケーション、サーバー、キートランザクションを関連付けます。
  5. このポリシーを適用した通知の送信先のグループとチャンネルを指定します。
alerting-admin-workflow title=
アラートポリシーのワークフロー: チャネルを定義し、アラート条件を定義し、ポリシーに監視対象と通知チャネルを関連付けます。

アラート条件

アラート条件ではいつアラートがトリガーされるべきかを定義します。デフォルトの条件として、深刻な問題となりるベースライン指標を提供しています。あくまで参考値のため、ご使用の環境に適した閾値を設定してください。

アラートの閾値設定に最適な値を設定するために以下を参考にしてください。

アラートの閾値 提案
レベルの設定 低すぎる閾値を設定しないでください。 サーバーが定期的に指定したレベルを越える場合、多数のアラートメールを受信します。それは​、誤検知の可能性を高めます。その結果、ますますアラートを無視ことに繋がります。
設定を無効にする 設定でアラートを無効にできます。 例えば、データベースサーバーは普段、使用可能なRAMの99%を使用しており、これをアラート対象にしたくない場合、Memory % フィールドの Disable me を選択することで、そのサーバーの閾値の設定を無効にすることができます。
設定を使ってのテスト ファイルを編集したり、ソフトウェアを再起動する必要はありません。 よって、遠慮無く、閾値レベルを素早く変更したり、必要に応じて自由に調整できます。すべての変更を「元に戻す」したりデフォルトに戻したい場合は、Reset を選択します。
設定の調整 時間をかけて条件を調整する。 サーバーのパフォーマンスが最適化となるように、パフォーマンスの向上のペースを維持するために閾値の条件を締めます。パフォーマンスに良くない影響を与える作業を行う間、これを許可するよう閾値の条件を緩めます。

デフォルトポリシーの使用

デフォルトポリシーは、すべてがそのポリシーに関連付いたアラートポリシーがあることを保証します。新規に追加されたアプリケーション、キートランザクション、サーバーは、デフォルトのアラートポリシーに関連付いています。ポリシーが削除されると、まだそれに関連するすべてのアプリケーション、キートランザクション、サーバーは、デフォルトのポリシーに戻す。

デフォルトポリシーは削除できません。無効にすることができます。

アラート API の使用

New Relic REST APIを使って、アラートの設定を行うことができます。アラートポリシーの有効化、無効化、アラート条件の設定、アプリケーション、キートランザクション、サーバーへのポリシーの割り当て、チャネルへのポリシーの割り当てなどが行えます。詳しくはアラートの例(V2) [英語]をご覧ください。

注意: New Relic REST API (v1) は 廃止されている [英語]ため、使用しないでください。