キートランザクションのポリシー

アカウント管理者または所有者であれば、キートランザクションのアラートポリシーを設定できます。これは、すべてのユーザーに影響し、ユーザーはアラートを受け取るかどうか決めることができます。この設定のカスタマイズは、UI上や New Relic REST APIを使用して行うことができます。

アラート通知は、メールや他の外部の統合(PagerDuty、Campfire、HipChat、Webhook、メール)に送信できます。

Key Transaction alert policies インデックスページ

キートランザクションのポリシーは、Key Transaction alert policies インデックスページで管理します。

Key Transaction alert policies インデックスページを表示するには、New Relicのメニューバーから、 Alerts > Alert policies > Key transactions を選択します。

キートランザクションポリシーの作成

キートランザクションポリシーを作成する方法は、以下のとおりです。

  1. Key transaction policies インデックスページで、Create key transaction policy [キートランザクションポリシーの作成] ボタンを押します。
  2. キートランザクションポリシーに名前欄に分かりやすい名前を付けます。
  3. Create [作成]ボタンを選択します。

上記を行うことで、キートランザクションポリシーが作成され、設定用の編集ウィンドウが開きます。

ポリシーへのトランザクションの割り当て

エージェントがデータをレポートする前に、ポリシーがキートランザクションに割り当てられている必要があります。

Assign key transaction to policies ポップアップにおいて、キートランザクションをポリシーに割り当てます。

割り当てるには、Key transaction policies インデックスページにて、以下の操作を行います。

  1. 編集対象のキートランザクションのポリシーを選択します。
  2. キートランザクションポリシーの編集ウィンドウで、右側の列の Key transactions タブを選択します。
  3. Assign key transactions to policy [キートランザクションをポリシーに割り当てる] ボタンを押します。

上記を行うことで、Assign key transactions to policiesダイアログが表示されます。このウィンドウには、次のフィールドがあります。

フォームフィールド 説明
Select key transactions to move [移動対象のキートランザクションを選択] このポリシーのキートランザクションを含む2つの折り畳み式フィールド、および All other policies のキートランザクションが含まれています。どちらも、特定のキートランザクションを見つけるために絞込を行えます。
Choose destination [移動先の選択] 利用可能なキートランザクションのポリシーのリストを含むドロップダウン。
What’s moving [移動対象] 新しいポリシーへの移動対象のキートランザクションのリスト。キートランザクションの選択を解除したり、 What’s moving リストから削除したりするには、名前の横にあるXを押します。

ポリシーにキートランザクションを割り当てる方法は、以下のとおりです。

  1. 割り当てたい左側の列からキートランザクションを選択します。左の列で選択すると、右側の列に表示されます。
  2. 現在のポリシーにそれらを移動していない場合は、 Choose destination [移動先の選択]ドロップダウンからポリシーを選択します。
  3. Assign key transactions ボタンを押します。

アラート閾値の設定

Key transaction policies インデックスページにおいて、2つのアラートの閾値を設定できます。設定方法は、以下のとおりです。

閾値 説明
Apdex Apdexは、不満である応答時間に対する満足の応答時間の割合を算出します。スコアが高いほど、より良いことを意味します。大量の誤検知が発生するのを避けるために、通常は低いデフォルト値を設定します。致命的なアラートよりも、警告アラートは高い値を設定します。
エラー率 設定された期間の間、エラー率はエラーの割合を測定します。警告アラートは致命的なアラートよりも低い値を設定します。

それぞれ、イベントのポリシーとして設定できる2つのレベルがあります。

アイコン 説明
警告 それが致命的になる前に、監視する必要があるイベントが発生しました。
アラート送信 注意が必要な致命的なイベントが発生しました。

ポリシーのアラートの閾値を指定するには、名前を選択して、ポリシーを開きます。

エラー率の閾値を設定する方法は、以下のとおりです。

  1. 左側にある、黄色のドロップダウンから警告イベントの閾値を選択します。
  2. これは、イベントで決定する前の待ち時間を分単位で Caution 時間の値として割り当てます。
  3. 右側には、Send alerts イベントの閾値を選択するための赤のドロップダウンがあります。
  4. これは、イベントで決定する前の待ち時間を分単位で Send alerts 時間の値として割り当てます。

Apdex 閾値を設定する方法は、以下のとおりです。

  1. Caution スライダー(黄色)を目標値にドラッグします。
  2. これは、イベントで決定する前の待ち時間を分単位で Caution 時間の値として割り当てます。
  3. Send alerts スライダー(赤)を目標値にドラッグします。
  4. これは、イベントで決定の待ち時間を分単位で Send alerts 時間の値として割り当てます。

Apdex T の値を設定する方法は、以下のとおりです。

Apdex 閾値は、Apdex T スコアに基づいています。Apdex T の値は、キートランザクションが設定します。

  1. ポリシーペインの右側の列の Key transactions タブを選択します。
  2. キートランザクションの名前を選択します。ポップアップウィンドウが開きます。
  3. App ServerReal User の Apdex-T スコアを指定します。
  4. Save your changes を押します。選択します

エラー率のアラートを無効にする

エラー率の警告を無効にする方法は、以下のとおりです。

  1. Key transaction policies タブにて、編集対象のポリシー名を選択します。
  2. Error Rate ラベルにマウスオーバーすると、Disable me リンクが表示されます。
  3. Disable me リンクを押します。

閾値が無効の場合は、グレー表示され、Enable me リンクはタイトルの下に表示されます。

キートランザクションポリシーを無効にする

キートランザクションポリシーを無効にする方法は、以下のとおりです。

  1. Key transaction policies インデックスページ上で、キートランザクションポリシーのタイトルにカーソルを合わせます。
  2. ホバーすると表示される Disable this policy ボタンを押します。

無効にすると、ポリシーはグレー表示され、無効であることを示す警告メッセージが赤文字で表示されます。ホバーすると表示されるdisableボタンは Enable this policy ボタンに変わります。ポリシーを再度有効にするために、Enable this policy ボタンを押します。

キートランザクションポリシーのタイトルの上にカーソルを置くと以下の2つのオプションが表示されます。

  • 編集: タイトルを選択した場合と同じ機能を提供します。押すと、ポリシーの編集ウィンドウが開きます。
  • ゴミ箱 アイコン: ポリシーの削除が行えます。 削除アイコンは、デフォルトポリシーには表示されません。