サーバーポリシー

アカウント管理者または所有者であれば、サーバーのアラートポリシーを設定することができます。これは、すべてのユーザーに影響し、ユーザーはアラートを受け取るかどうか決めることができます。アラート通知は、メールや他の外部の統合(PagerDuty、Campfire、HipChat、Webhook、メール)に送信できます。この設定のカスタマイズは、UI 上や New Relic REST API を使用して行うことができます。

Server policies インデックスページ

サーバーポリシーは、Server policies ダッシュボードで設定できます。

Server policies インデックスページにアクセスするには、New Relic のメニューバーから、Alerts > Alert policies > Servers を選択します。

サーバーポリシーの作成

サーバーポリシーの作成方法は以下のおとりです。

  1. Server policies インデックスページの Create server policy ボタンを押します。
  2. サーバーポリシーの名前欄に分かりやすい名前を入力します。
  3. Create ボタンを選択します。

上記を行うことで、サーバーポリシーが作成され、設定用の編集ウィンドウが開きます。

ポリシーにサーバーを割り当てる

エージェントがデータをレポートする前に、ポリシーがサーバーに割り当てられている必要があります。

Assign servers to policies ポップアップにおいて、サーバーをポリシーに割り当てます。

ポリシーに割り当てるには、Server policies インデックスページにて、以下の操作を行います。

  1. 編集対象のサーバーポリシーを選択します。
  2. キートランザクションポリシーの編集ウィンドウで、右側の列の Servers タブを選択します。
  3. Assign servers [サーバーをポリシーに割り当てる] ボタンを押します。

上記を行うことで、Assign servers to policies ダイアログが表示されます。このウィンドウには、次のフィールドがあります。

フォームフィールド 説明
Select servers to move [移動対象のサーバーを選択] All other policiesにあるサーバー、In this policy のサーバーでは、対象となるサーバーのリストを表示します。どちらも、特定のサーバーを見つけるために、サーバー名でフィルタリングすることができます。
Choose destination [移動先の選択] 利用可能なサーバーポリシーのリストを含むドロップダウン。
What’s moving [移動対象] 新しいポリシーに移動するために選択したサーバーのリスト。サーバーの選択を解除したり、What’s moving リストから削除したりするには、名前の横にある X を押します。

ポリシーにサーバーを割り当てる方法は、以下のとおりです。

  1. 割り当てたい左側の列からサーバーを選択します。左の列で選択すると、右側の列に表示されます。
  2. 現在のポリシーにそれらを移動していない場合は、 Choose destination [移動先の選択]ドロップダウンからポリシーを選択します。
  3. Assign servers ボタンを押します。

ダウンタイムのアラートの設定

ダウンタイムアラートを有効または無効にする方法は、以下のとおりです。

  1. ポリシーを選択して、編集領域を開きます。
  2. Downtime アラートボックスをチェックするか、チェックを外します。
  3. ダウンタイムアラートを有効にする場合は、報告する前の待ち時間(分単位で最小5分)を指定します。もしくははデフォルト値のままとします。

アラート閾値を設定する

Server policies インデックスページにて、以下の4つのアラートの閾値を設定できます。

閾値 説明
CPU% CPU 使用率の閾値は、潜在的に持続不可能な負荷とみなされる永続的なCPU使用率です。このレートは、サーバーの全 CPU の平均です。警告アラートは、致命的なアラートよりも低い値を設定します。
Disk IO % ディスクIO は、サーバー上のディスクのビジー状態と対アイドル時間の割合です。スループットの割合ではありません。注意アラートは重要なアラートよりも低い値を設定します。
Memory % メモリ使用率の閾値は、持続不可能な負荷とみなす永続メモリの使用率です。注意アラートは重要なアラートよりも低い値を設定します。
Fullest disk % ディスク容量とは、最大ディスクの時間以上使用されているディスク容量の割合です。注意アラートは重要なアラートよりも低い値を設定します。

それぞれ、イベントポリシーに設定できるレベルが2つあります。

アイコン 説明
警告 それが致命的になる前に、監視する必要があるイベントが発生しました。
アラート送信 注意が必要な致命的なイベントが発生しました。

閾値を設定する方法は、以下のとおりです。

  1. Caution スライダー(イエロー)を目標値にドラッグします。
  2. これは、イベントで決定する前の待ち時間を分単位で Caution 時間の値(最小5分)として割り当てます。
  3. Send alerts スライダー(赤)を目標値にドラッグします。
  4. これは、イベントで決定の待ち時間を分単位で Send alerts 時間の値(最小5分)として割り当てます。

アラートの閾値を無効にする

特定の閾値のアラートを無効にする方法は以下のとおりです。

  1. Server policies タブで、ポリシーのタイトルを選択し、編集対象を開きます。
  2. (色付きのスライダバーの左)閾値のタイトルの上にカーソルを当てます。Disable meリンクが表示されます。
  3. Disable me リンクを選択します。

閾値が無効の場合は、グレー表示され、Enable me リンクはタイトルの下に表示されます。

サーバーポリシーを無効にする

サーバーポリシーを無効にする方法は以下のとおりです。

  1. Server policies インデックスページでは、サーバポリシーのタイトルにカーソルを合わせる。
  2. ホバーすると表示される Disable this policy ボタンを押します。

無効にすると、ポリシーはグレー表示され、無効であることを示す警告メッセージが赤文字で表示されます。ホバーすると表示される無効ボタンは Enable this policy ボタンに変わります。ポリシーを再度有効にするために、Enable this policy ボタンを押します。

サーバー名にマウスオーバーして、Edit を選択してもポリシーの設定を変更できます。 削除アイコンを押すと、ポリシーを削除します。デフォルトポリシーは削除できません。