キートランザクションのアラート

キートランザクション機能を使用すると、ビジネスに最も重要なトランザクションを監視できるようになります。例えば、サインアップの確認ページ(顧客エンゲージメントに重要)や頻繁に呼び出される検索などです。Transactions Overview ページ からそれらのトランザクションを監視することができます。これらの重要なトランザクションにパフォーマンス上の問題にすぐに気付けるように、キートランザクション用のアラートを定義できます。

イベントがアラートをトリガーすると、アラートの要約情報は、Recent events リストに表示されます。履歴やチャートなどのアラートの詳細を表示するには対応するリンクを選択します。詳細ページでは承認したアラート通知を確認できます。

アラートの表示

キートランザクションのアラート概要を表示するには、New Relic APM や New Relic Browser から、Key transactions > (選択したキートランザクション) > Alerts を選択します。

特定のアラートの詳細を表示するには、アラートの名前を選択します。アラートの詳細には以下の内容が含まれています。

  • アラートの状態:アラート中には、関連するアプリのパフォーマンスへのリンクが表示される。
  • このアラート中に発生したイベントのリスト
  • このアラートに対する平均応答時間、Apdex スコア、スループット、エラー率の割合を示すチャート
キートランザクションのアラート
Key transactions > (選択したキートランザクション): New Relic APM または New Relic Browser で選択したキーのトランザクションの Overview ページにおいてアラートやアラートポリシーに関する情報を表示するには、Alerts ページを選択します。また、Overview ページの Recent events リストから特定のアラートを選択することができます。

ヒント: 選択したキートランザクションの Overview ページにある Recent events から個々のアラートを選択することができます。

アラートのトリガー

キートランザクション用に主要なアラートの閾値が2つあります。

Threshold(閾値) 説明
Apdex スコア Apdex は、不満である応答時間に対する満足の応答時間の割合を算出します。スコアが高いほど、より良いことを意味します。デフォルトでは、誤検知から新しいユーザーを避けるために通常低く設定されています。Apdex スコアの場合は、致命的な条件よりも高い警告条件を設定します。
エラー率 設定された期間の間、エラー率はエラーの割合を測定します。致命的な条件よりも低い警告条件を設定します。

Apdex 対 応答時間のアラート

応答時間ではアラートはトリガーされません。平均応答時間よりも Apdex スコアの方が、アプリケーションのパフォーマンスをよりよく反映すると考えています。例えば、平均応答時間は外れ値によって歪められることがあります。Apdex スコアは、ユーザーの許容可能な応答時間についてより正確な評価を測定できます。

Apdex スコア上のアラートは、ほとんどの場合、意味があり、注目すべき値です。詳しくは Apdex スコアの表示をご覧ください。

アラートの承認

オプション:アラートを承認すると、その他の人が既読済みのアラートかどうか判断できます。アラートの詳細ページにおいて、Acknowledge alert(アラートの承認)を選択します。これは、イベントを承認したことをチームにメールします。アラートには承認者の名前が記録され、アラートの詳細ページに表示されます。

ヒント: New Relic の iOSAndroid アプリでアラートを承認できます。