アラートポリシーの表示

アラートポリシーでは、いつトリガーし、誰が通知を受け取るかを定義します。アカウントの管理者とオーナーだけが、アプリケーション、サーバー、キートランザクションのアラートポリシーを設定できます。

Alert policies のインデックスページでは、アラートポリシーの設定が一目でわかるビューを提供します。必要に応じて、ここでポリシー設定を確認したり、設定を変更することができます。通知設定は変更したいときにいつでも変更できて、再起動する必要はありません。そのため、いろいろ設定を変更して、ベストな設定を探すことができます。

アラートポリシーの表示

アラートポリシーを表示する方法は以下のとおりです。

  1. New Relic のメニューバーから、Tools > Alert policies を選択します。
  2. 利用できる場合は、ポリシーの種類(ApplicationsKey transactionsServers) を選択します。
  3. ポリシーを探すには、ページ送りで各ページのポリシーを探すか、検索バーを使って、名前で絞り込みを行います。

インデックスページの詳細を表示

選択したポリシーの種類のインデックスページでは、デフォルトポリシーは異なる背景色で最初は表示されます。ポリシーごとに、タイトルバーと3つの列を表示します。

  • ポリシーに紐づくアプリケーション、サーバー、キートランザクションの現在の「健康」状態(左の列)
  • ポリシーで設定されているアラート条件(中央の列)
  • ポリシーで設定されているアラート通知を受け取る チャネル(右の列)
  • (該当する場合は)ポリシーの通知設定(右の列)

インデックスページの機能

Alert policies のインデックスページには、以下の機能があります。

行いたいこと 実施すること
ポリシーのアプリ、サーバー、またはキートランザクションの名前を表示したい 対象の(現在の「健康」状態を示している)カラーバーにカーソルを当てる。

関連するアプリ、サーバー、キートランザクションに移動するには、ポリシーにある名前を表示するカラーバーを選択する。その後で、Alert policies インデックスページに戻る場合は、ブラウザの 戻る機能を使用します。
アラート通知の種類とその宛先の情報を見たい ポリシーのチャンネルのアイコンにカーソルを当てる
ダウンタイムアラートの可用性の監視を有効と無効を切り替えたい

アラートポリシーの中央列にある On または Off を押す。

ダウンタイムアラート用の Ping URL が設定されていない場合、アプリケーションポリシーには、エラーメッセージが表示されます。

ポリシーの編集、無効、有効を行いたい

ポリシーのタイトルバーにカーソルを当て、利用可能なボタンの中から対象のボタンを選択する。

ポリシーが無効の場合はグレー表示になっており、ポリシーが無効になっていることを赤色の文字でも表示します。

ポリシーを削除したい ポリシーのタイトルバーにカーソルを当て、削除 アイコンを選択し、「キャンセルする」か「続行する」確認プロンプトを選択します。

注: デフォルトのポリシーは削除できません。ただし、無効にすることはできます。
アラートポリシーを追加したい アプリケーション、キートランザクション、サーバーの各 Alert policies インデックスページにて、Create (選択したポリシーの種類) policy[ポリシーの作成]を押す。
未使用のアラートポリシーを削除したい アプリケーション、キートランザクション、サーバーの各 Alert policies のインデックスページにて、Delete all empty (選択したポリシーの種類) policies [ポリシーをすべて削除)を押す。

チャンネル詳細の表示

各ポリシーには、このポリシーのアラート通知を受信するチャンネルを示すアイコンがあります。アイコンの上にカーソルを当てると、詳細情報を表示します。

このアイコンにカーソルを当てると… 表示する情報
グループ ポリシーに関連付いた通知グループの一覧
Campfire ポリシーに関連する Campfire ルームの名前のリスト
Webhook ポリシーに関連付いた Webhook の名前のリスト
PagerDuty ポリシーに関連付いた PagerDuty アカウントのチャンネル名のリスト
HipChat ポリシーに関連づいた HipChat ルームのルームIDのリスト
外部へのメール ポリシー紐づいたメールアドレスのリスト
ユーザーチャネル ポリシーに紐づく登録済みの New Relic のアカウントのメールや iOS のアプリのユーザー名のリスト