アラートポリシーの名前付けと変更

1 つのアラートポリシーには、1つ以上の New Relic 製品 (対象またはエンティティ) に適用できます。また、1つ以上のアラート条件と1つ以上の通知チャネルを含みます。アラートポリシーは、必要に応じて、シンプルにも複雑な構成にもすることができます。

管理者またはオーナー: 通常のセットアップ手順は、どの New Relic 製品(APM、Browser 等)をでも同じです。アラート条件のメトリクスや閾値の種類は、対象に応じて変わります。

アラートポリシーの名前付けに関するベストプラクティス

New Relic は、アラートポリシーの構造と名前付けに関して、3つの共通のパターンとプラクティスを推奨しています。

  • 監視対象やリソースの稼働に責任を負っている人を持つインフラ内のターゲットやリソース
  • インフラの一部に責任をもつチーム
  • 特定のユーザー別のポリシー
管理するポリシーの単位 説明
インフラ 組織における各ターゲットやリソースは、別々の人が責任をもっているかもしれません。責任の範囲に環境タイプ(本番、検証、統合、開発) や ターゲットやリソースタイプ (アプリケーション・サーバーのコード、クライアントのコード、データベース、サーバーなど) が含まれます。

アラートポリシーのタイプを簡単に特定できるようにするために、インフラに基づいた名前をつけましょう。例えば以下のような名前です。

  • Product A website (production)
  • Product B website (staging)
  • Mobile product app (iOS)
  • Servers (production)
  • Databases (production)
チーム あるチームが、インフラの一部を担当するとして、たとえば、そのチームのアラートポリシーに “Team: Site engineering” や “Team: Website development” などの名前を付けるとよいかもしれません。
個人 特定の個人が使うために設定したアラートポリシーでは、その個人が注意しておきたい特定のリソースやメトリックがある際に便利です。他の人に変更の相談することなく、いつでも、条件を追加したり、削除したり、閾値を調整することもできます。

アラートポリシーのタイプをより簡単に特定できるようにするために、アラートポリシーに個人名を含めましょう。例えば、”User: John Doe’s metrics” や “User: Jane Doe (production)” 。

アラートポリシーの名前付け

管理者 または オーナー

アラートポリシーのワークフローは、ポリシーに有用な名前を設定するところから始まります。

  1. New Relic のメニューバーから、Alerts > Alert policies へアクセス。
  2. Alert policies 一覧ページで、 New alert policy [新規アラートポリシー]を選択する。
  3. 意味のあるポリシー名を入力(最大:64 文字)し、Save [保存]を押す。

ここから、次にアラート条件を定義し、1 つ以上の通知チャネルを割当でのステップと続きます。後で続きを行いたい場合は、Alert policies インデックスページのアラートのポリシー名を選択します。

ポリシー名の変更

管理者 または オーナー: 利便性のため、異なるポリシー、条件、および通知チャネルに同じ名前を使えます。ユニークな名前を使用する場合は、名前の追加や変更前に、インデックスを確認したり検索できます。
Alerts v3: Alert policy name
Alerts > Alert policies > (選択したポリシー): 既存のポリシー名をマウスオーバーして、編集 (鉛筆) アイコンを押し、別の有用な名前を入力する。

既存のポリシー名を変更する手順は以下のとおりです。

  1. New Relic のメニューバーから、Alerts > Alert policies > (選択したポリシー) へアクセス。
  2. ポリシー名をマウスオーバーし、編集 アイコンを押す。
  3. 有用な名前を入力 (最大 64 文字)し、Save [保存]を押す。

New Relic Alerts は、自動的に関連するすべてのアラートポリシーのアラート条件と通知チャネルを更新します。

既存のポリシーの確認

New Relic Alerts インデックスページは、アルファベット順にアラートポリシーを並べます。既存のアラートポリシーを表示したり、検索する手順は以下のとおりです。

  1. New Relic のメニューバーから、Alerts > Alert policies へアクセス。
  2. 検索窓を使う、カラムで並び変える、リストをスクロールなどします。
  3. 詳細情報を見るには、該当のポリシー名を選択します。
特定のエンティティのポリシーや条件をに関する情報を見るには、指定したエンティティの New Relic 製品の Settings > Alert conditions ページにアクセスします。

関連情報

関連する情報は以下のとおりです。