アラートに対するランブック説明書の提供

アラートポリシーの条件のオプションとして、ランブックの説明書を記載した URL を含めることができます。これにより、アラートの閾値に違反した時に発行されたインシデントを処理する情報や、一般的な手順へアクセスすることができます。

Alerts v3: Runbook URL
Alerts > Alert policies > (選択したポリシー) > Alert conditions > (選択した条件): ランブック URL が分かれば、担当者は、発行されたアラートのインシデントに対して何をすべきかが分かります。
管理者 または オーナー

アラートポリシーの条件に関連したランブックの説明書付きの URL を追加、編集、削除する手順は以下のとおりです。

  1. New Relic のメニューバーから、Alerts > Alert policies > (選択したポリシー) > Alert conditions > (選択した条件) へアクセスします。
  2. 条件の Thresholds 欄から、Add runbook URL を押し、適切なランブック URL のフルパスを指定します。
  3. オプション: アラート条件で一旦設定したランブック URL を変更、削除するには Remove を押します。
  4. Save condition [条件の保存]を押します。

ポリシー違反の Incidents 詳細やメール通知に、ランブック URL が含まれるため、担当者は、行わなくてはならないことが正確にわかります。

関連情報

関連情報は以下のとおりです。