アラートポリシーの有効化と無効化 (API v2)

アラートポリシー(v2)を有効にしたり、無効にしたりするには、あなたのポリシー名に関連するポリシーIDが必要です。

目次

ポリシーIDの検索

ポリシーIDを探すには、
名前もしくはタイプからポリシーIDを特定するためのクエリを使ってください。この出力の初めの部分は以下のようになります。

{
  "alert_policies": [
    {
      "id": 4128,    <---<<< POLICY_ID
      "type": "application",
      "name": "Roundhouse",
      "enabled": true,
      "conditions": [
        {....

ヒント: ポリシーIDを一度取得したら、後は必要なときにそれを使ってください。

ポリシーの無効化

ポリシーを無効にするには、以下のcURLコマンドを実行してください。

curl -X PUT "https://api.newrelic.com/v2/alert_policies/${POLICY_ID}.json" \
     -H "X-Api-Key:${APIKEY}" -i \
     -H 'Content-Type: application/json' \
     -d \
'{
  "alert_policy": {
     "enabled": "false"
   }
}'

ポリシーの有効化

ポリシーを再び有効にするには、alert_policy セクションを "enabled": "true" に変更し、コマンドを再実行してください。

さらに詳しい情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。