サーバーアラートの閾値とトリガー時間の設定 (API v2)

サーバーのアラートポリシー(v2)のアラートの閾値を変更するには、以下の情報が必要となります。

  • ポリシーに関連するサーバーID
  • 変更するアラートに対応する条件ID

目次

サーバーIDと条件IDの一覧

サーバーIDと条件IDを見つけるには、名前とタイプからポリシー番号を特定するためのクエリを使います。出力は以下のようになります。

{
  "alert_policies": [
    {
      "id": 4136,    <---<<<  POLICY_ID
      "type": "server",    <---<<< Note: This is for a server
      "name": "Server Group 1",
      "enabled": true,
      "conditions": [
        {
          "id": 30996,
          "type": "disk_io",
          "severity": "caution",
          "threshold": 70,
          "trigger_minutes": 20,
          "enabled": true
        },
        {
          "id": 30997,
          "type": "disk_io",
          "severity": "critical",
          "threshold": 90,
          "trigger_minutes": 15,
          "enabled": true
        },
        ...
        {
          "id": 31000, <---<<< CONDITION_ID
          "type": "memory",    <---<<< Memory
          "severity": "caution",   <---<<< Caution setting
          "threshold": 70,   <---<<< Current value
          "trigger_minutes": 10,
          "enabled": true
        },
        ...

ヒント: ポリシーIDと条件IDを一度、取得したら、次からはそれを利用することができます。

閾値とトリガー時間(単位:分)の設定

以下のコマンドを使って、memory(上記の例の condition ID 31000)のCautionアラートのthresholdtrigger_minutesの値を変更できます。

curl -X PUT 'https://api.newrelic.com/v2/alert_policies/4136.json' \
     -H 'X-Api-Key:${APIKEY}' -i \
     -H 'Content-Type: application/json' \
     -d \
'{
  "alert_policy": {
    "conditions": [
      {
        "id": 31000
        "threshold": 80,
        "trigger_minutes": 11,
        "enabled": true
      }
    ]
  }
}' 

"enabled": true やその前の行のカンマなど、必要としない値は無視できます。

さらに詳しい情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。