API Explorer の使い方

New RelicのREST API Explorer (v2)は、利用可能な API エンドポイントに対してのテストやリクエストの送信を簡単に行えます。API コールのタイプ(アプリケーション、サーバーなど)の機能を選択し、パラメーターをテストするためのインタラクティブなフォームを提供します。

目次

API キーの提供

API Explorer を使うには、API アクセスをアクティベートし、アカウント用の APIキーを生成する必要があります。

  • API Explorer を使うときに New Relic にログイン済みの場合は、API キーは、UI上の RequestParameters のセクションに自動的に表示されます。
  • API Explorer を使うときに New Relic にログインしていない場合は、API Explorer の ParametersあなたのAPIキーを貼り付けることができます。

警告: サブアカウントを持つ親アカウントの場合、各サブアカウントは独自の API キーを持っています。正しいキーを使用していることを確認してください。

API Explorer へのアクセス

既に New Relic にログイン済みの場合は、アカウント名がAPI Explorer のトップにあるメニューバーに表示されているはずです。複数アカウントをお持ちの場合は、ドロップダウンリストから選択してください。

New Relic の API Explorer を使うには、以下の手順に従ってください。

  1. https://rpm.newrelic.com/api/exploreから New Relic の API Explorer にログインする
  2. 複数アカウントのユーザーは、API Explorer のメニューバーから、ドロップダウンリストにあるアプリのアカウント名を選択する。
  3. API コールのタイプ (Applications、Servers など)から、利用可能な API の機能 ( GETPUTDELETE )を選ぶ。
  4. API コール ( v2の要件と説明については UI を参照してください) 用の Parameters 値を入力する。
  5. リクエスト用の format を選択する: JSON または XML
  6. Send Request (リクエスト送信)を押す

詳細については、API Explorer の部品をご覧ください。

screen-api-explorer
https://rpm.newrelic.com/api/explore: New Relic の API Explorer には UI があります。そこでは、値を探索、API の種類(アプリケーション、サーバーなど)の選択、標準のコマンド(GET、PUT、DELETE)の使用、パラメータの要求と応答の表示、API エンドポイントを使用したテストが行えます。

さらに詳しい情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。