平均応答時間の例 (API v2)

ここでは、New Relic API Explorer (v2)を使って、指定された期間のアプリケーションの平均応答時間を取得する方法を説明します。

目次

平均応答時間

平均応答時間は、New Relic APM のApplications Overview ダッシュボードのアプリのメインのチャートに表示されている値です。New Relicはこの計算に以下の公式を使っています。

Application Average response time = HttpDispatcher:average_call_time + ((WebFrontend/Queue:call_count * WebFrontend/Queue:average_response_time)/ HttpDispatcher:call_count)

メトリック値を取得するには、以下の2つのコマンドを実行してください。

注: 両方とも同じ時刻を指定しています。また、要約を出力する設定になっています。

curl -X GET "https://api.newrelic.com/v2/applications/${APPID}/metrics/data.xml" \
     -H "X-Api-Key:${APIKEY}" -i \
     -d 'names[]=HttpDispatcher&values[]=average_call_time&values[]=call_count&from=2014-03-01T20:59:00+00:00&to=2014-03-01T21:59:00+00:00&summarize=true'
curl -X GET "https://api.newrelic.com/v2/applications/${APPID}/metrics/data.xml" \
     -H "X-Api-Key:${APIKEY}" -i \
     -d 'names[]=WebFrontend/QueueTime&values[]=call_count&values[]=average_response_time&from=2014-03-01T20:59:00+00:00&to=2014-03-01T21:59:00+00:00&summarize=true'

さらに詳しい情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。