アプリケーションのエイリアスの変更(API v2)

ここでは、New Relic REST API (v2)を使って、アプリケーションにエイリアスを追加する例を説明します。

注:これはNew RelicのUIを使用してアプリケーション名を変更するのと同じです。この変更では、データを収集しているアプリの名は変更されません。New RelicのUIに表示される名前だけが変更されます。

目次

アプリケーションのエイリアスの設定

New Relic の UI でセットしたアプリケーション名は、お使いの設定ファイルにセットした固有の名前の可読可能な別名です。この名前を変更すると、New Relic サイトのすべての箇所のアプリ名が更新されます。デフォルトでは、別名は、エージェントの設定ファイルにあるのと同じ固有の名前です。別名を変更しても、エージェントの設定ファイルにある名前に影響しません。また、データは設定ファイルの名前を使ってレポートし続けます。

アプリ名の別名を作るには、以下のコマンドを使ってください。

curl -X PUT "https://api.newrelic.com/v2/applications/${APPID}.json" \
     -H "X-Api-Key:${API_KEY}" -i \
     -H 'Content-Type: application/json' \
     -d '{ "application": { "name": "INSERT_THE_ALIAS"  }}'

${APPID}${API_KEY} とNew Relic の UI に表示したいアプリケーション名のエイリアスの名前を指定する必要があります。

さらに詳しい情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。