ラベルの作成と関連付け (API v2)

アカウントに紐づくアプリやサーバーにラベルを作成したり適用したりするには、以下のサンプルを実行してください。その際に、あなたのアカウントに紐付いたAPIキーとラベルを適用する対象のサーバーIDもしくはアプリケーションIDが必要になります。

ヒント: New RelicのREST API Explorer (v2)を使って、ラベルのリストを取得することもできます。

ラベルの作成や適用

以下の例にあるようなコマンドを使って、アカウントに存在するアプリやサーバーにラベルを適用します。
${API_KEY} をあなたのアカウントのAPIキーに置き換えてください。以下の例にメモがある箇所にサーバーIDまたはアプリケーションIDを入れてください。(<---<<は、入力内容ではありません。入力時は無視してください。)

このコマンドを使って、同時にアプリケーションとサーバーに同じラベルを適用できます。また、必要がなければ、"applications":"servers":セクションを省略できます。

curl -X PUT 'https://api.newrelic.com/v2/labels.json' \
-H "X-Api-Key:${API_KEY}" -i \
-H 'Content-Type: application/json' \
-d \
'{
"label": {
"category": "Production",
"name": "Web01"
"links": {
"applications": [
123456,7898765 <---<< application ids
],
"servers": [
65432,987612 <---<< server ids
]
}
}
}'

出力内容の表示

1つアプリケーションを対象として、ラベルを作成したり適用したりしたときには、以下のような出力内容が表示されます。ラベルの出力内容には以下が含まれます。

  • ラベルの完全なキー名 (例:Production:Main)とキーのコンポーネントと名前
  • サーバーやアプリケーションの health_status (赤、黄色、緑、灰色)と各カテゴリにあるラベル用のサーバーやアプリケーションのID。例えば、アプリID 546917 の健康状態は緑です。アプリは良好です。
  • このラベルに紐付いたアプリやサーバー。例えば、Production:Main ラベルは、1つのアプリケーション(546917)に適用されています。
{ "label": { "key": "Production:Main", "category": "Production", "name": "Main", "application_health_status": { "green": [ 546917 <---<<application id ], "orange": [], "red": [], "gray": [] }, "server_health_status": { "green": [], "orange": [], "red": [], "gray": [] }, "links": { "applications": [ 546917 <---<<application id ], "servers": [] } }, ... }

さらに詳しい情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。

  • ラベルとカテゴリー (アプリやサーバーにラベル付を行うと、アプリやサーバーを意味のあるカテゴリにまとめることができます。それにより、その単位で表示や比較を行うことができます。)
  • API Explorer の利用 (API Explorer の UI を使って、New Relic のデータの取得や入力を行う方法について)
  • API Explorer の部品 (API Explorer の各セクションの使い方についてのクイックリファレンス)