API キー

API Explorer のような New Relic の REST API を使用する前に、New Relic アカウントの API キー を取得しておく必要があります。サブアカウントを持つ親アカウントの場合、各サブアカウントは、サブアカウント自身の API キーを使用してください。

注: アカウント所有者と管理者だけが、API キーを生成、閲覧できます。あなたが、ユーザーまたは制限付きのユーザーであるならば、管理者にAPIキーの生成を依頼してください。

目次

API キーの生成

screen-activate-api-key
(アカウント) > Account settings > Integrations > Data sharing > API access: New Relic UI にてAPIキーの有効化、表示、コピー、再作成、無効化を行えます。

APIアクセスを有効にする方法は以下のとおりです。

  1. New Relic メニューバーから、(アカウント) > Account settings > Integrations > Data sharing > API accessを選択する。
  2. API キーが表示されていなければ、 Enable API access[APIアクセスの有効化]を押す。
  3. API キーをコピーし、New Relic の REST API で使用する。

ヒント:API Explorer(v2) で必須の Parameters フィールドに API キーをペーストできます。

APIキーの表示

API キーを確認するには、New Relic のメニューバーから、(アカウント) > Account settings > Integrations > Data sharing > API accessを選択する。

注: New Relic REST API v1、v2 のサンプルを利用するときは、あなたの API キーで"x-api-key:REPLACE_WITH_YOUR_API_KEY" (v1) 、${APIKEY} (v2) を置き換えてください。あなたがユーザーまたは制限付きのユーザーであるならば、管理者に依頼してください。

その他の機能

(アカウント) > Account settings > Integrations > Data sharing > API accessにアクセスすると、追加の機能を利用できます。

警告: API キーを無効にする機能を利用する時は、必ず正しいアカウント(または、サブアカウント)であることを確認してください。実行後、すぐに無効になります。確認プロンプトなどは表示されません。

  • 新しいAPIキーを生成するには、Regenerate API key(APIキーの再作成)を押し、確認プロンプトで続ける、キャンセルするを選択する。
  • API キーを無効にするには、 Disable API access(APIアクセスを無効にする)を押す。

さらに詳しい情報

追加のドキュメントは以下のとおりです。