サーバー上のロードアベレージの取得

ロードアベレージは、Load average チャートのデータにカーソルを当てたときに、Overview ダッシュボードに表示される値です。ここでは、New Relic REST API (v2)を使って、指定したサーバーIDAPIキーのロードアベレージを取得する方法について説明します。

注: データを取得した際に返される値は、指定した期間やデータの保存方法によって変わることがあります。詳しくは、メトリックデータの抽出をご覧ください。

目次

直近30分のロードアベレージ

直近30分のロードアベレージを取得するには、メトリック名にSystem/Loadを設定します。以下がその例です。

curl -X GET "https://api.newrelic.com/v2/servers/${SERVER_ID}/metrics/data.json" \
     -H "X-Api-Key:${API_KEY}" -i \
     -d 'names[]=System/Load&values[]=average_value' 

これは、直近30分のデータを1分刻みで返します。必要であれば、このコマンドを変更して「平均値の平均」を見つけることもできます。

curl -X GET "https://api.newrelic.com/v2/servers/${SERVER_ID}/metrics/data.json" \
     -H "X-Api-Key:${API_KEY}" -i \
     -d 'names[]=System/Load&values[]=average_value&summarize=true' 

任意の期間のロードアベレージ

任意の期間のロードアベレージを取得するには、コマンドに期間を追加します。以下がその例です。

curl -X GET "https://api.newrelic.com/v2/servers/${SERVER_ID}/metrics/data.json" \
     -H "X-Api-Key:${API_KEY}" -i \
     -d 'names[]=System/Load&values[]=average_value&from=2014-01-06T18:26:59+00:00&to=2014-01-13T18:26:59+00:00' 

返される正確な期間は、リクエストしたデータの範囲と時期により変わります。

さらに詳しい情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。