ダッシュボードからサーバーの削除 (API v2)

ここでは、New Relic REST API (v2)を使って、New Relic のダッシュボードからサーバーを削除する方法について説明します。ここでは、API を cURL コマンド経由で実行します。また、API Explorer を使って、サーバーを削除することもできます。

警告: レポートしない場合は、サーバーとアプリケーションを確実に削除してください。例えば、メンテナンスやその他の予定したダウンタイムは、サーバーがダウンしているように見えることがあります。

目次

サーバーの削除

レポートが停止済みのサーバーを削除するには、 以下のコマンドのサーバーIDAPIキーを置き換えて実行してください。サーバがレポートを停止した後にこのコマンドは有効になります。よって、SERVER_ID がレポート中のサーバーを表す場合、コマンドは無視されます。

curl -X DELETE "https://api.newrelic.com/v2/servers/${SERVER_ID}.json" \
     -H "X-Api-Key:${API_KEY}" -i 

ダウンタイムのアラートの無効化

サーバーダウンタイムのアラートが発生しており、サーバーを無効にした場合でも、アラートを受信し続けます。受信を回避するには、サーバーのアラートポリシーが、サーバーダウンタイムのアラートが無効になっている、もしくは通知なし設定であることを確認してください。

さらに詳しい情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。

  • Server ポリシー (サーバーアラートとダウンタイムアラートのポリシー設定の管理について)
  • API Explorer の利用 (API Explorer の UI を使って、New Relic のデータの取得や入力を行う方法について)