APM Overview ページ

New Relic APM の Overview ページは、選択したアプリに関して、応答時間、Apdex スコア、CPU 使用率、スループット(分あたりのリクエスト数または RPM)、トランザクション、エラー率、最近のイベント、およびサーバー情報などの情報を提供します。

目次

Overview ページ

アプリのページを表示するには、New Relic メニューバーから、APM >(選択したアプリ)を選択します。Monitoring > Overview ページが自動的に表示されます。(New Relic APM のアプリケーション一覧の使用方法の詳細については、 アプリケーション一覧の表示 を参照してください。)

screen-app-overview-requests
APM >(選択したアプリ)> Monitoring > Overview :New Relic APMのインデックス済みのアプリケーション一覧からアプリを選択した後、Overview ページに現在のトランザクション情報を表示します。
メインチャート上の黒い縦線は Apdex の設定が変更されたことを示しています。青い垂直バーはデプロイ を示しています。赤の縦線はサービス停止を示します。

詳細へのドリルダウン

詳細情報へドリルダウンするには、New Relicの標準的な UI の機能ページの機能を使います。以下は Overview ページの機能についての概要です。

行いたいこと 実施すること
メインチャート上のデータの表示方法を変更したい チャートのタイトルのドロップダウン矢印を選択し、適宜、ヒストグラムパーセンタイルを含む表示オプションを選択する。詳細については ビューの選択を参照ください。
アプリのApdexスコア用の閾値レベルを確認したい Apdexスコアのアイコンにカーソルを当てる アイコンをクリックします。
応答時間、Apdex、スループットの傾向を見たい Compare with yesterday and last week (昨日と先週で比較する)のチェックボックスを選択する。
最後のデプロイ以降のアプリのパフォーマンスを見たい タイムピッカーより、Performance since the last deployment. (最後のデプロイ以降のパフォーマンス)を選択する。
ヒント:全デプロイに関する詳細については、Deployments ページを選択する。
Transactions ページを見たい APM の Overview ページ上の Transactions テーブルの見出しを選択する。または、(オペレーション、トランザクショントレースキートランザクション を含む)特定のトランザクションに関する詳細表示するには、その名前を選択する。
Errors ページを見たい アプリケーションの Overview ページ上の Error rate チャートのタイトルを選択する。またAPM > (選択したアプリ) > Events > Errors から Errors ページを表示できます。

ブラウザの詳細

ページ読み込みタイミング(リアルユーザー監視、RUMとも呼ばれる)をブラウザ詳細に表示するには、Browser settings [ブラウザ設定]でこの機能を有効にする必要があります。しかし、今まで一度もアプリからブラウザの監視データをレポートしたことがないならば、まず初めに、以下のようにアプリケーションの設定を有効にする必要があります。

  1. New Relic のメニューバーから、APM >(選択したアプリ)> Settings > Applicationを選択する。
  2. New Relic Browser セクションから、Enable browser monitoring?[ブラウザ監視を有効にする]をチェックする。
  3. ブラウザ監視、サーバーリクエスト用の Apdex の値を選択するか、デフォルトのままにする。
  4. オプション:Geography ページ上でブラウザ監視を強調表示する最大5つの国及び地域を選択する。
  5. Save application settings [設定の保存] を押す。
  6. 追加機能を有効にするには、Browser > (選択したアプリ) > Settings標準的な手順に従う。

ページ読み込みタイミングを設定すると、APM の Overview ページは、アプリが対応するBrowser Overview ページ上の詳細情報へのリンクと概要情報を提供します。

  • ブラウザのページの読み込み時間を伴ったチャート表示するには、メインチャートの Browser リンクを押す。
  • ブラウザ用 Apdex スコアを表示するには、Apdex チャートの Browser リンクを押す。
screen-app-browser-toggle_0.png
APM >(選択アプリ)> Monitoring > Overview :アプリや Apdex スコアをアプリサーバーとブラウザビューを切り替えて見たい場合は、(上記の丸あたりの)表示したいリンクを選択する。

サーバーの詳細

APM Overview ページは、要約情報とアプリのサーバーのページの詳細情報のリンクを提供します。APM Overview ページの Servers セクションより以下の操作が行えます。

  • ホストのテーブルビューとホスト別のメトリック詳細を切り替える。
    con-server-views
  • 個々のサーバー名 を選択する。
  • 個々のサーバのCPU 使用率メモリ を選択する。

New Relic メニューバーの下にある Servers ドロップダウンからサ​​ーバーを選択することもできます。

アプリケーションが1つの CPU コアで実行されているかのようにサーバーの CPU 使用率%を計算します。この計算についてはCPU 使用率が100%を超えるを参照してください。

関連情報

関連情報は次のとおりです。

  • Transactions ページ (実時間と関連するスループットの割合別に選択されたアプリのトランザクションリクエストの表示について)
  • データベースと Slow SQL ページ (データベーストランザクション、操作、スループット、応答時間、ならびに処理の遅い SQL トレースの表示について)
  • External services ページ (クラウド内のウェブサービスやリソースなどのプロセス外のサービスの呼び出し、およびその他のネットワークの呼び出しの表示について)
  • JVM メトリクスページ [英語] (スレッドプール、HTTP セッション、トランザクションを含む Java エージェントによって収集された追加のメトリクスの表示について)
  • アプリのアラート情報の表示 [英語] (アプリのアラートポリシー、条件、違反、その他のアクティビティを New Relic APM から表示する方法について)
  • レスポンスタイム (APM のチャートに表示されるレスポンスタイムと合計時間について)