External services ページ

外部サービス(External service)の計測とは、Web サービス、クラウド上のリソース、その他のネットワークの呼び出しといったプロセス外のサービス呼び出しを計測することです(MemCache やデータベースのような主要なバックエンドのコンポーネントは含みません)。New Relic APM のExternal services ページは、外部サービスのトップ 5(応答時間と分あたりの外部呼び出し数によって決定される)のチャートを表示します。平均応答時間の遅い順(slowest average response time)、消費時間の多い順(most time consuming)や分あたりのリクエスト数の多い順(highest throughput (rpm))などで外部サービスを並び変えることができます。

アプリで使用しているプロセス外のサービスの表示

screen-external-services.png
APM > (選択したアプリ) > Monitoring > External Services:上記は、Webサービス、クラウドリソース、およびその他のネットワーク呼び出しのようなプロセス外のサービスの詳細なメトリクスを表示しています。

アプリで使用している外部サービスを表示する方法は、以下のとおりです。

  1. メニューから APM > (選択したアプリ) > Monitoring > External servicesを選択する。
  2. サービスについての詳細な情報を表示するには、名前を選択する。
  3. サービスの詳細ウィンドウを閉じて、External Services ページへ戻るには、Close (X) ボタンを押す。

詳細な情報へドリルダウンするには、New Relicの標準的なUIの機能ページの機能が使えます。

関連情報

このページに関連する情報については、メトリクスの種類をご覧ください。