アプリケーション一覧の表示

New Relic APM は6分おきに直近に色別した「健康」状態付きのアプリケーションの一覧と最近のイベントを自動更新します。この一覧を表示する方法は以下のとおりです。

  • New Relic のメニューバーから、APM を選択する。すると、アプリケーション一覧が自動的に表示されます。
  • アプリケーションのダッシュボードから、アプリ名の横にあるドロップダウンからアプリ名を選択する。もしくは、New Relic のメニューバーから、APM > Applications を選択する。

この一覧では検索やリストの並び替えもできます。

目次

アプリケーション一覧の機能を使う

ここでは、New Relic APM の Applications 一覧で利用できる標準的な機能の概要を示します。

screen-apps-list.png
APM > Applications: アプリ一覧に対して、表示、タグ、絞り込み、検索ができます。また、各アプリケーションの選択、更新、削除が行えます。
行いたいこと 実施すること
アプリケーションのダッシュボードが見たい

アプリケーションの Overview ページへ直接移動するには、Applications リストから、アプリケーション名を選択する。

もしくは

特定のデータのページの詳細へドリルダウンするには、各アプリケーションの行にある End user、Page views、App server、Throughput、Error % から特定のデータを選択する。

一覧からアプリケーションを探したい

適宜、以下のオプションを使う。

  • 一覧トップにある検索機能 (虫眼鏡) を使う。
  • カテゴリやラベルにより、一覧の絞り込みや巻き上げを行う
  • 一覧下部にあるページ移動を使い、次へ前へまたは特定ページへ移動する
アプリの New Relic エージェントを特定したい

一覧上のアプリ名にカーソルを指す

注: エージェントの識別子は、Applications 一覧の最初のページのリストのみ表示されます。

最近のイベント及びアラートについてダッシュボードの詳細を表示したい Recent events 一覧から、イベントまたはアラート用のリンクを選択する。
アプリケーションの「健康状態」がグレーである理由を確認したい

アプリケーションにデータなし(no data)が報告された場合は、troubleshootを選択し、トラブルシューティング一覧を閲覧する。

APM app index: troubleshoot
リストからアプリケーションを削除したい

アプリケーションを完全に削除するには、アプリの「健康状態」が灰色であることを確認し、アプリのギアアイコンを選択する。

APM app index: gear icon

関連情報

関連情報は次のとおりです。