Apdex の設定変更

Apdex TApdex の中心値です。Apdex T は「許容」とみなされたトランザクションを越える応答時間です。

アプリケーションサーバーとブラウザのパフォーマンスで別々の Apdex T をアプリケーション毎に定義できます。また、キートランザクション 用にも個別の Apdex T の閾値を定義できます。

アプリサーバーの Apdex の設定

アプリケーションサーバーの Apdex T の閾値は、デフォルトで0.5秒です。Webトランザクション用のデフォルト値を変更する方法は以下のとおりです。

  1. New Relic のメニューバーから、APM >(選択したアプリ)> Settings > Applicationを選択する。
  2. App Server セクションにて該当アプリケーションの Apdex T 値(単位:秒) を設定する。
  3. Save application settings [設定の保存]を押す。
screen-apdext-settings.png
APM >(選択したアプリ)> Settings > Application:アプリの設定にてWebトランザクション用のアプリケーションの Apdex T 値を設定する。

Apdex の設定を変更後、黒い縦のバーが APM の概要ページに表示されます。概要ページを表示するには、New Relic のメニューバーから、APM >(選択したアプリ)> Monitoring > Overview を選択します。

エンドユーザーの Apdex の設定

ブラウザ監視用の Apdex T 閾値は、デフォルトで 7.0秒です。New Relic Browser が利用可能かどうかにより、この変更手順は変わります。

Browser が利用可能な場合

アプリケーションで利用可能な New Relic Browserある場合は、以下の手順により エンドユーザーのデフォルトの Apdex Tを変更できます。

  1. New Relic のメニューバーから、 Browser >(選択したアプリ)> Settings を選択する。
  2. Real User Apdex T値 (単位: 秒)を設定する。
  3. Save application settings [設定の保存]を押す。
screen-browser-apdex.png
ブラウザ >(選択したアプリ)> Settings:アプリの Settings にて、ブラウザアプリの Apdex T 値を設定する。

Browser が利用不可能な場合

アプリケーション用に利用可能な New Relic Browserない場合は、以下の手順により、エンドユーザーのデフォルト Apdex T を変更できます。

  1. New Relic のメニューバーから、APM >(選択したアプリ)> Settings > Applicationを選択する。
  2. New Relic Browser セクションから、Apdex T 値 (単位:秒)を設定する。
  3. Save application settings [設定の保存] を押す。

キートランザクションの Apdex の設定

キートランザクション毎に Apdex 値を設定できます。キートランザクションは、独自の Apdex T 値を基に計算し、Apdex スコアに寄与します。しかし、これらの値は、キートランザクションの親アプリのアプリケーションサーバーとブラウザのApdex 値とは無関係です。デフォルト値は親アプリケーションから継承します。

キートランザクションのデフォルト Apdex T 値を変更する方法は、以下のとおりです。

  1. New Relic のメニューバーから、 Transactions を選択する。
  2. トランザクションリストから、変更したいキートランザクションの歯車アイコンicon-settings.pngを選択する。
  3. 秒単位でApp ServerBrowser の Apdex T 値を指定する。
  4. Save (保存)を押す。
screen-key-transaction-apdex.png
Transactions >(選択したトランザクションの歯車のアイコン):トランザクションリストからキートランザクションのアプリケーションサーバーとブラウザ用の Apdex T 値を設定してください。

Apdex のアラート

Apdex のアラートも設定できます。Apdex スコアが定義した閾値を下回っている場合、New Relic はあなたが設定した通知メカニズム(チャンネル)にアラートを送信します。

Apdex スコアの監視には、Critical [緊急]よりも高い Warning [警告]条件を設定することをお勧めします。

関連情報

関連情報は以下のとおりです。