バックグラウンドジョブの分析レポート

バックグラウンドジョブのレポートは、DelayedJob や Resque のような New Relic が計測対象としているフレームワークを使っている本番環境で実行しているジョブのパフォーマンス分析をサポートします。 レポートでは、次の項目を過去24時間から過去7日間に渡って比較した情報を示します。含まれる情報は、スループットの使用時間の量 (分あたりのリクエスト数、RPM)、ジョブの使用時間の合計、実行時間の平均です。

この機能を利用可否は、お使いのアカウントのサブスクリプションレベルとデータ保持期間に依存します。

バックグラウンドジョブの分析レポートの表示

バックグラウンドジョブの分析レポートを表示するには、New Relic APM のメニューバーから、Applications > (選択したアプリ) > Reports > Background jobsを選択する。デフォルトのレポートは、過去24時間とその24時間前、7日前、過去7日間の平均との比較を示します。

screen background jobs report.png
Applications > (選択したアプリ) > Reports > Background jobs: このレポートでは、表示されている情報の選択、並び替え、絞り込みが行えます。棒グラフに表示しているデータの種類も選択できます。さらに、選択した Web 以外のトランザクションの Transactions ページに直接移動することもできます。
行いたいこと 実施すること
表示されている詳細を変更したい 期間のチェックボックスを選択またはクリアし、Apply [適用する]ボタンを押す。
表示されているトランザクションを制限したい Filter[絞り込み]テキストボックスを使う。
並び順を変更したい 列見出しを選択して、降順や昇順に並び替える。
棒グラフに表示されるデータを選択したい Plotting [描画]オプションを選択する。
トランザクション詳細を表示したい トランザクションのタイトルを選択すると、New Relic APM の Transactions ページを選択する。
元の設定に戻したい reset [リセット]リンクを押す。

関連情報

関連情報は、APM Overview ページ (応答時間、Apdex スコア、CPU 使用率、スループット (分あたりのリクエスト数またはRPM)、トランザクション数、エラー率、最近のイベント、サーバーの情報を含む選択したアプリについての一般的な情報について)です。