Webトランザクション分析レポート

New Relic APM の Web トランザクション分析レポートは、Web トランザクション間の比較情報を提供します。スループット(分あたりのリクエスト数、RPM)に使った合計時間、Webトランザクションの合計時間、実行にかかった平均時間、および Apdex スコアを含みます。また、過去24時間のデータとその24時間前、7日前、そして過去7日間の平均のデータを比較できます。

この情報を用いることで、最も多くの時間を消費した Webトランザクション、最大の呼び出し数を持つ Web トランザクション、最大の標準偏差のある Web トランザクションなど様々な分析ができます。この情報は、あなたのアプリの調整すべきポイントを知る手助けになるでしょう。

この機能を利用可否は、お使いのアカウントのサブスクリプションレベルとデータ保持期間に依存します。

Webトランザクション分析レポートの表示

Web トランザクション分析レポートを表示するには、New Relic APM のメニューバーから、Applications > (選択したアプリ) > Reports > Web transactions を選択します。デフォルトのレポートは、過去24時間とその24時間前、7日前、過去7日間の平均との比較を示します。

注: アスタリスク (*) が続いている Apdex 欄は、所定の期間内に、複数の Apdex の閾値が設定されたことを示しています。

screen web tx report.png
Applications > (選択したアプリ) > Reports > Web transactions: このレポートでは、表示されている情報を選択、並び替え、絞り込みを行えます。棒グラフとしに表示しているデータの種類を選択できます。さらに、選択したウェブトランザクションの Transactions ページに直接移動できます。
行いたいこと 実施すること
表示されている詳細を変更したい 期間のチェックボックスを選択またはクリアし、Apply [適用]ボタンを押す。
表示されているトランザクションを制限したい Filter テキストボックスを使う。例えば、名前に user を含むトランザクションのみレポートしたいなど。
並び順を変更したい 列見出しを選択して、降順や昇順に並び替える。
棒グラフに表示されるデータを選択したい Plotting オプションを選択する。
トランザクション詳細を表示したい Webトランザクションのタイトルを選択すると、New Relic APM の Transactions ページに移動します。
元の設定に戻したい reset [リセット]リンクを押す。

関連情報

関連情報として、APM Overview ページ (応答時間、Apdexスコア、CPU使用率、トランザクション数、エラー率、最近のイベント、スループット(分あたりのリクエスト数、RPM)、サーバーの情報を含む、選択したアプリについての一般的な情報について)をご覧ください。