キートランザクションの導入

New Relic APM における キートランザクション とは、専用に監視するようにユーザーが選択したトランザクションです。このドキュメントでは、キートランザクションの仕組み、New Relic UI でのどうやって利用するのかを説明します。

この利用が利用できるかは、契約しているサブスクリプションレベルによって異なります。

キートランザクションとは

 


New Relic のキートランザクション機能の概要については、上の動画をご覧ください(約9分)。もっと多くの動画やチュートリアルを見たい方は、learn.newrelic.com にアクセスしてください。

New Relic APM において、トランザクションをキートランザクションとして登録すると以下の利点があります。

  • キートランザクションは、は、New Relic UI に組み込まれているため、簡単に検索して見ることができます。
  • キートランザクション独自の Apdex の閾値を設定できます。
  • キートランザクション専用のアラートポリシーを設定できます。

キートランザクションは以下の場合に役立ちます。

  • 重要なトランザクション: アプリの中で最も重要なトランザクションについては、それらをキートランザクションにすることで、そのトランザクションのパフォーマンスを知りたいときに、迅速に見つけることができます。より適切な Apdex 要件を設定したり、専用のアラートポリシーを作成できます。
  • 遅いトランザクション: 常に他のトランザクションよりも遅いトランザクションがある場合、そのトランザクションは、アプリケーション全体の Apdexスコアを低下させている可能性があります。遅いトランザクションをキートランザクションにすると、アプリ全体の Apdex スコアが低下しないように、そのトランザクション専用に長い Apdex 閾値を設定できます。

UI でのキートランザクションの探し方

New Relic Key Transaction page
rpm.newrelic.com から、APM > (選択したアプリ) > Key transactions > (選択したトランザクション) へアクセスします: キートランザクションページには、レスポンスタイムチャート、スループットチャート、サービス品質保証(SLA)情報、アプリケーション間トレースマップ(利用可能な場合)、アラートポリシーへのリンクなどがあります。

キートランザクションのインデックスページには、登録済みのキートランザクションの一覧があります。インデックスページにアクセスする手順は以下の通りです。

  1. rpm.newrelic.com から、APM を選択し、アプリケーションを選択します。
  2. 左メニューから Key transactions を選択します。

インデックスページからキートランザクションを選択すると、専用のトランザクションページが表示されます。そこには、専用のチャートやドリルダウンリンクなどがあります。