トランザクショントレースとは

New Relic APMトランザクショントレースは、アプリケーション内の単一トランザクションの詳細なスナップショットを提供します。トランザクショントレースは、関数呼び出し、データベース呼び出し、外部呼び出しを記録します。トランザクショントレースを使うことで、パフォーマンスの問題解決やアプリの動作状況を詳細に把握できます。

この機能の利用可否は、契約しているサブスクリプションレベルによって異なります。

トランザクショントレースの基本

In New Relic APM のトランザクショントレースは、トランザクションを構成するセグメントを記録します。詳細な情報を確認できるので、トランザクショントレースからパフォーマンスの問題を分析してトラブルシューティングできます。

以下は、New Relic エージェントがどのトランザクションをトレースするかを管理するための基本的なルールです。

  • 1分間の収穫サイクルで、閾値(Apdex T 値の4倍もしくは特定の秒数)に違反するすべてのトランザクションがトランザクションプールに追加されます。
  • その分の終わりに、New Relic エージェントはそのプール内で最も遅いトランザクションを選択し、そのトランザクショントレースの記録処理を行います。

これらは基本的なルールですが、エージェント固有の違いもあります。1つの例を挙げると、Javaエージェントは、遅くないトランザクションを収集することがあります。また、別の例として、1つのトランザクションが頻繁にトレースされる場合、エージェントによっては、より多様なサンプリングを行うために、他のトランザクションを選択します。

ページにトレースが表示されない場合、トランザクションが必要な基準を満たしていない可能性があります。この場合は、トランザクショントレース設定を調整し、一部のトランザクションは確実にトレースされるように変更できます。

New Relic Synthetics を使っている場合は、Synthetics モニタートレースがあることがあります。Synthetics トレースは、APM トレースよりも頻繁(1分間に数回あることも)に発生する可能性があります。

トランザクショントレースの設定

トランザクショントレースの設定変更に関しては、トランザクショントレースの設定をご覧ください。

キートランザクション用のトランザクショントレースを作成する方法については、キートランザクションの追跡をご覧ください。

UI で、トランザクショントレースを表示

APM - Transaction trace page
rpm.newrelic.com から、APM > (選択したアプリ) > Transactions > (選択したトランザクショントレース) にアクセスします。上図は New Relic APM のトランザクショントレースの概要ページです。また、Trace details ページで詳細を表示し、(存在する場合は)データベースクエリーをデータベースクエリーページで確認することもできます。

トランザクショントレースは、APM Transactions ページや APM Overview ページから見つけることができます。

Transactions ページがアクセスする方法

  1. rpm.newrelic.com/apm から、アプリケーションを選択し、メニューから Transactions ページを押します。
  2. Transaction traces で、トランザクションを選択すると、トレースの Summar ページが表示されます。

Overview ページからアクセスする方法

  1. rpm.newrelic.com/apm から、アプリを選択し、Overview ページを表示します。
  2. Transactions のセクションで、transaction の下にあるトランザクショントレースのリンクを押します。すると、トレースの Summary ページが表示されます。

トランザクショントレースを選択すると、メインのページが表示されます。

  • Summary ページ: トランザクショントレースを選択すると表示されるページ:最も遅い箇所とトランザクションの属性が表示されます。
  • Trace details ページ: 記録されたトランザクションの全セグメントを表示します。関連するスタックトレースやデータベースクエリーのデータへのリンクもあります。
  • Database queries ページ: トレースでキャプチャされた全データベース呼び出しを表形式で表示します。
  • Cross-application trace map [クロスアプリケーショントレースマップ]: New Relic が複数のアプリを監視している場合、接続マップが表示されます。 (一部の New Relic エージェントでは利用できません)

トランザクショントレースが表示されない場合は、トラブルシューティング: トランザクショントレースが表示されないをご覧ください。

トランザクショントレースを使って、トラブルシューティングする方法についての動画

以下は、トランザクショントレースとトレースしたエラーを使って、アプリのパフォーマンス問題を解決する方法を示した動画です。

 


トランザクショントレースとトレースしたエラーを使って、トラブルシューティングする方法についての動画です。 (約16分)

トランザクショントレース、遅いクエリーやサービスマップを使って、パフォーマンスの問題を解決する方法については、パフォーマンスの問題の分析をご覧ください。