トランザクショントレースの表示

New Relic は応答時間順にトランザクショントレースを並び替えています。よって、最も遅いトレースが先頭に表示されます。New Relic APM の Transactions ページ上で定義した閾値よりも時間がかかっているトレースの詳細を確認できます。

Transactions ページの使用

選択したアプリによっては、Type ドロップダウンメニューが表示されない場合があります。

選択した期間にキャプチャしたトランザクショントレースを表示する方法は、以下のとおりです。

  1. New Relic APM のメニューバーから、Applications > (選択したアプリ) > Monitoring > Transactionsを選択する。
  2. crop-transaction-type 必要に応じて、トランザクションType (web、non-web、all transactions)を選択する。
  3. オプション: Transaction traces テーブルから、トランザクショントレースを見つけるために並び順を変更したり、検索窓を使ったり、Show more slow transactions(遅いトランザクションをさらに表示)を選択したりします。
  4. トランザクショントレースへの詳細表示のリンクを選択する。
screen-transaction-trace-view
Applications > (選択したアプリ) > Monitoring > Transactions: 特定のトランザクショントレースを探したり、選択するため、必要に応じて、Transaction tracesテーブルのデータを並び替えたり、検索したりします。

APM Overview ページの使用

APM Overview ページを使って、最も遅いトランザクションのトップ5の内の1つのトランザクショントレースを選択できます。

  1. New Relic APM のメニューバーから、Applications > (選択したアプリ) > Monitoring > Overviewを選択する。
  2. Transactions セクションから、アプリケーションサーバートレースへのリンクを選択する。
screen-app-overview-transaction-trace
Applications > (選択したアプリ) > Monitoring > Overview: アプリの Overview ページからトランザクショントレースを表示するには、Requests ビューを選択します。そして、Transactions セクションにあるリンクを選択します。

表示オプション

Summary は、色付きバーなどのトレースの各セグメントを示します。トレース詳細内のバーは、トランザクションの各セグメントで費やされた時間に対応しています。

SQL 設定をしている場合は、SQL文へのリンクは、トレースでキャプチャされたすべてのSQLコールを表示します。データベースicon-databaseアイコンを押すと、クエリ分析や該当するスタックトレースの詳細が表示されます。

トランザクショントレースのウィンドウで以下の事ができます。

  • トランザクショントレースのタイトル上のフルスクリーンicon-fullscreenアイコンを選択すると、ウィンドウを拡大できる。(再度押すと、元のサイズに戻る)
  • キートランザクションとして Web トランザクションを追跡する。
  • トランザクショントレースについてのチケットを送る。
  • トランザクショントレースを削除する。
  • レコード (X)を閉じたり、Transactions ページに戻ることができる。
ブラウザ側のトランザクショントレースの詳細を表示するには、New Relic APM で選択したトランザクションから、Browser drill-down を選択し、browser traceレコードを選択します。New Relic APM の Transactions ページに戻るには、New Relic Browser の Page views ページのから App server drill-down を選択します。

関連情報

関連情報は次のとおりです。