X-Ray セッションの表示

New Relic APM または New Relic Browser > Key transactions > (選択したキートランザクション) > X-Ray から)X-Ray セッションの開始後、New Relic は最大100個のトランザクショントレースとキートランザクションのスレッドプロファイルを収集します。選択したオプションに基づき、コレクションの収集は自動的に停止します。

X-Ray セッションリストの表示

X-Ray セッションリストは 10 秒毎に自動的に更新されます。X-Ray セッションリスト(新しい順)では以下の項目を表示します。

  • X-Ray セッション名
  • 現在の進捗
  • トレース数
  • 作者(X-Rayセッションの作者のメールへのリンク)
  • セッションの開始時点
  • 現在の状態(Starting(起動)、Running(実行中)、Stopped(停止)、Finished(終了))
  • アイコン:X-Ray セッションの更新(名前変更)、停止(キャンセル)、削除

X-Ray セッションリストあkら、任意の行を選択すると、ページの詳細を表示します。

screen-xray-sessions-example.png
Transactions > (選択したキートランザクション) > X-Ray :X-Ray Sessionsリストから、X-Ray セッション名を選択すると、ページにトランザクショントレースとプロファイル結果を表示します。また、ページ上部にあるリンクを押すと、X-Ray のセッションに対応したキートランザクションやアプリケーションを表示します。

X-Ray セッッションのページを選択

X-Ray セッションの Overview ページとThread Profile ページは以下の方法で表示できます。

  1. New Relic APM、New Relic Browser のメニューバーから、 Transactions > (選択したキートランザクション) > X-Ray > (選択したX線セッション) を選択する。
  2. X-Ray セッションに対応するキートランザクションやアプリケーションを表示するには、Overview ページや Thread Profile ページの上部にある個々のリンクを押す。
  3. X-Ray セッションの Overview ページと Thread Profile ページを切り替えるには、それぞれのタブを選択する。

関連情報

関連情報は次のとおりです。