X-Ray セッションの Overview ページ

X-Ray セッションのトランザクショントレースの結果を表示するには、New Relic APM または New Relic Browser のメニューバーから、Key transactions > (選択したキートランザクション) > X-Ray > (選択したX-Rayセッション) を選択します。選択した X-Ray セッションの Overview ページは、収集したトレースの合計数を表示します。ページには、並び替え可能なサンプルのパフォーマンスの詳細を表示します。また、カテゴリ別にトレース、アプリケーションサーバー、スループット、セグメントの応答時間の詳細をチャートとテーブルで表示します。

Overview の詳細へドリルダウン

選択された X-Ray セッションの概要ページでは、New Relic の標準のUI 機能ページの機能を使えます。以下は選択された X-Ray セッションの詳細情報にドリルダウンして出来ることの例です。

行いたいこと 実施すること
並び順を変更したい Sort by オプションを選択する。
特定のトレースの詳細を見たい 該当トレース行を選択する。
特定の応答時時間に該当するトレースを見たい Trace response time distribution(トレースの応答時間の分布)チャート上で、要約情報の任意の列にカーソルを当てるを当てる。もしくは、トレースを一覧表示するために列を選択する。
レスポンス情報の要約を見たい App server breakdown(アプリサーバーのブレイクダウン)もしくは Response time and throughput(応答時間とスループット)チャート上で、チャート上の任意の場所にカーソルを当てる。
関連するアプリの内訳の詳細を非表示にする(もしくは、戻す) App server breakdown もしくは Response time and throughput チャート上で、対応するラベルのリンクを選択する。
トレースのカテゴリとセグメントの完全なリストを表示にする(もしくは、非表示にする) Slowest components(最も遅いコンポーネント)テーブルの下にある、Show all segments(全セグメントを表示) (もしくは Hide segments)を選択する。

関連情報

関連情報は次のとおりです。