ブラウザトレース

ブラウザトレースは、あるページの読み込みに関する詳細な情報を提供します。トランザクショントレースが、ウェブトランザクションに関する情報を提供するのに似ています。Lite アカウントでは、New Relic Browser は、遅いトランザクションのみ収集します。「遅い」の意味は、設定している Apdex T 閾値よりも全体のレスポンスタイムが大きいということです。Lite ユーザーがブラウザトレースを表示するには、New Relic Browser ページ読み込みタイミング 機能を有効にしてください。

推奨: セッショントレースの詳細を含むページのライフサイクルに関する情報を表示するには、有料アカウントにアップグレードする必要があります。

エンド・ツー・エンドのアプリケーション層のトレース

Lite アカウント: ウェブトランザクションが (アプリの Apdex T 閾値よりも大きい)遅いとき、関連するアプリケーションのトレースとブラウザトレースを関連付けます。これにより、特定のユーザーのインタラクションに関するエンドツーエンドの情報を確認できます。

New Relic エージェントとブラウザが報告する先の New Relic のサーバー間とクロスドメイン通信するために、このトレースの関連付けとして、Navigation Timing API またはクッキーを使用います。トレースをキャプチャし、関連がある場合のみ、クッキーを作成します。ブラウザから New Relic サーバーへの JSONP リクエストにより、クッキーの作成されます。詳しくは、ページ読み込みタイミングの計測ページ読み込みタイミングのプロセスをご覧ください。

トレースの相関関係は、New Relic 側のサーバーの設定で無効にすることができます。この機能を無効にするには、support.newrelic.com [external link] に問い合わせてください。

ブラウザトレースの収集

New Relic は、毎分ランダムにサンプルを取り、以下の条件を満たしているトレースを 10 個を保持します。

  1. リクエスト時間が、エンドユーザーの Apdex T を超えていること (アプリケーション層の Apdex T は、関係ありません。)
  2. ブラウザトレースのトランザクション名がユニークであること (1分のサイクル内で同じトランザクション名に対して、複数のブラウザトレースは保持しません)
  3. リンクをサポートするエージェントでは、ブラウザトレースと関連づける、アプリ層のトレースが存在すること。

関連情報

関連する情報は以下のとおりです。