Filterable Geography: 地域別ページのメトリクス

New Relic Browser のフィルター可能なジオグラフィ・ページは、世界中の都市、地域、国など世界中のあらゆる場所を、パフォーマンス情報別に色分けした世界地図で提供しています。また、地域をフィルターしたり、ドリルダウンして、詳細情報を見ることができます。さらに、マップ上にマウスをあてて、場所を選択したり、地図をズームイン、ズームアウトできます。

属性表示がより洗練され、ページ読み込みタイミングによるエンドユーザーの体験だけでなく、世界中のネットワークパフォーマンスに関する、より深い情報を提供できるようになりました。このレベルの視覚情報は、相互接続契約や CDN の使用状況についてのビジネス上の意思決定を行う IT の専門家や運用の専門家にとっては特に役立つでしょう。

要件

契約している New Relic Browser のサブスクリプションレベルタイムピッカーの設定で、閲覧可能なデータの範囲が決まります。

  • Pro 以上: 2016年1月以降では、Filterable Geography 機能は、New Relic Browser の UI 上に標準で表示されるようになっています。8日間のデータ閲覧可能です。Filterable Geography を利用するには、アプリの PageView データを New Relic Insights への送信を有効にしている必要があります。 in order to use Filterable Geography.
  • Lite: Filterable Geography 機能は、New Relic Browser の UI メニューに表示されますが、利用はできません。
  • 全サブスクリプションレベル: New Relic Browser の 旧 Geography 機能を使いたい場合は、まだメニューから利用可能です。

収集したデータに影響を与える要因

ページ読み込みタイミング情報をキャプチャに、New Relic Browser は Navigation Timing API を使います。この API はほとんどのブラウザでサポートされています。もし、ブラウザがこの API をサポートしていない場合は、New Relic Browser のチャートやデータには、DNS ルックアップ、コネクション、セキュア・ハンドシェイク 用に受信したネットワークデータのみ表示されます。これは、アプリ全部のトラフィックではないことがあります。

また、ファイアーウォールが、収集した地理データに影響を与えることがあります。

パフォーマンス情報の場所別表示

New Relic Browser: Filterable Geography
Browser > (選択したアプリ) > Browser app > Filterable Geography: ロンドンやイギリスの情報にドリルダウンする前の地図の例です。

場所別にパフォーマンス情報を見たり、並べたりする方法は以下のとおりです。

  1. New Relic のメニューバーから、Browser > Browser apps > (選択したアプリ) > Filterable Geography へアクセスします。
  2. ドロップダウンから表示する type of performance data [パフォーマンスデータのタイプ]を選択するか、デフォルトの Average page load time [平均ページ読み込み時間]を使います。
  3. 地図上の地域にマウスオーバーするか、選択する、もしくは、地図の右にあるリストから、ten worst performing locations のどれかの地域を選択して、特定のエリアにドリルダウンします。
  4. ファンネル fa-filter アイコン下の attributes [属性] から任意の項目を選択して、パフォーマンスのメトリクスを表示します。
  5. 選択した場所の地図の下にあるPage load performance [ページロードのパフォーマンス]チャートや Historical performance [パフォーマンス履歴]チャートを選択すると、比較データを表示できます。

マップ機能

New Relic 標準のUI 機能ページ機能を使って、詳細情報にドリルダウンします。Filterable Geography ページに関する追加でできることを説明します。

したいこと すること
表示されているパフォーマンスの種類を変更したい ドロップダウンから選択肢を変更する
Browser: Filterable Geography

デフォルトのパフォーマンス・インジゲーターは、Average page load time です。マップの凡例には、選択した期間のパフォーマンスの最も遅いエリアトップ 10 (選択したパフォーマンス・インジゲーターに依存)が表示されます。例えば:

  • Count を選択した場合、マップの凡例は、ページロード数の多い場所トップ 10 が表示され、各場所に平均ページ読み込み時間を表示します。
  • Connection setup [接続設定]を選択した場合は、第1フィルターとして、スループットの低いエリアを除外します。次に、マップの凡例は、平均接続時間が最も遅い順トップ 10 の場所と、各エリアの平均ページの読み込み時間とページ読み込み数を表示します。
特定の場所のパフォーマンス概要を見たい マップの色の付いている場所をマウスオーバーするか、リストから場所を選択するか、マップ上のエリアをズームイン、ズームアウトします。
場所の詳細データを見たい

マップの見たいエリアを選択します。例:

  • カナダを選択した場合、マップと凡例には、各州と地域に色付きでパフォーマンスデータが表示されます。マップ右のリストには、パフォーマンスの遅い地域トップ 10 が表示されます。
  • 特定の州や地域を選択すると、マップにはその場所のパフォーマンスの遅い都市トップ 10 を色付きで表示します。

マップ上の丸で囲まれた場所をマウスオーバーしたり、選択すると、詳細情報を表示できます。また、マップ下の Page load performance チャートや Historical performance チャートは、場所を選択すると、自動的に描画を更新します。

利用可能な属性のリストを隠したい ファンネル fa-filter アイコンを押す。

Browser: Filterable Geography

世界地図に戻りたい マップ上の他の場所を選択するか、マップ上部のフィルターラベルをクリアします。

最初の世界地図に戻るには、海の部分を選択します。

ヒートマップの詳細を確認

Browser: Filterable Geography (London zoom)
Browser > (選択したアプリ) > Browser app > Filterable Geography: 上記は、フィルターとズーム機能を使って、イギリスのロンドンの詳細情報へとドリルダウンするマップの例です。このエリアの全体のスループットは、良好(緑)です。近くに黄色のエリアがあり、小さい赤とオレンジ色の円は、それらの都市の大きさではなく、様々なレベルのスループットの問題のある近くの都市を示しています。

Filterable Geography のヒートマップは、色と円の大きさでパフォーマンス品質を示します。

ヒートマップ 説明
カラースケール パフォーマンス品質は、緑(最高)から、黄色、オレンジ、赤(最低)の範囲があります。パフォーマンスではなく、使用状況のインジゲーターを選択すると、ヒートマップは紫のグラデーションで使用率を表示します。暗い色合いになるにつれ、使用率も高いことを示します。

カラースケールは、アプリの特定のパフォーマンスに適応します。各エリアは、percentile rangeパーセンタイルの範囲です。ヒートマップの凡例の上にマウスオーバーすると、各カラーセグメントの範囲を表示します。

Browser: Filterable Geography legend

閾値 ドロップダウンから選択したパフォーマンス・インジゲーターのタイプやアプリの最大値に応じて、動的に異なる閾値を色に割り当てます。例えば、Average page load time [平均ページ読み込み時間]の場合、緑は、 0 から 3.3 秒を意味します。Average network time [平均ネットワーク時間]の緑は、 0 から 256 ミリ秒を示しています。
マップ上の色のついた円により、一目でパフォーマンスに問題のあるエリアであることを認識できます。各円の半径は、都市の大きさを示すのではなく、その都市で報告されたスループットの大きさに基づいて決まります。

多くの円が重なり合うことがあります。これは通常、大量のトラフィックのある大都市圏の部分のグループ化でみられる現象です。

パフォーマンスメトリクスのフィルター

フィルター fa-filter 機能により、以下のような様々なカテゴリで属性別にデータを選択、グループ化できます。

ページビュー

  • Geography
  • Browser
  • Identity
  • Custom
Browser: Filterable Geography (attributes)

フィルターすると、その内容がマップに表示されます。そして、標準のマップ機能を使って、詳細を調べることができます。以下はその幾つかの例です。

ASN 別の不満のあるネットワークのパフォーマンス
この例では、「My-ASN」 と言う自律システムの所有者とのピアリング契約更新の準備をしているとします。継続的な停電やその他の接続の問題により、サイトの顧客満足度が低下しない懸念しており、他の ASN との性能を比較したいと思っているとします。します。あなたは新しいRelicのブラウザProアカウントを持っています。以下の手順でそれを確認します。この機能を使うには、New Relic Browser Pro アカウントが必要です。

  1. New Relic のメニューバーから、Browser > Browser apps > (選択したアプリ) > Filterable Geography へアクセスします。
  2. パフォーマンス・タイプのドロップダウンから、Connection setup を選択します。
  3. ファンネル fa-filter アイコンを押します。
  4. 特定の ASN のパフォーマンスを見るには、検索窓に My-ASN と入力し、Filter by の結果からその名前を選択します。

    または、

    他の ASN と比較するには、Geography attributes > ASN organizations から、リストにある各組織のパフォーマンスデータを確認します。そして、Back to groupings list [グループリストへ戻る]を押します。

  5. フィルターリストを閉じるには、ファンネル fa-filter アイコンを押します。
  6. 標準の手順に従って、マップ機能を使い、 パフォーマンスの比較詳細を表示します。
  7. 属性名を選択して、フィルターをクリアします。
販売促進期間中のページ描画のパフォーマンス

この例では、今度の休日のために、3日間のスペシャルセールを行っているとします。holiday-merchandise [休日用の商品]ページは、数十の新しい画像を含む大きな変更を行っているとします。以下の手順で、このセール中に、Android モバイルデバイス上で起きたページ描画のパフォーマンスの問題を探してみます。この機能を使うには、New Relic Browser Pro アカウントが必要です。

  1. New Relic のメニューバーから、Browser > Browser apps > (選択したアプリ) > Filterable Geography へアクセスします。
  2. タイムピッカーを使って、日付をセール期間に合わせます。
  3. パフォーマンス・タイプのドロップダウンから、Page rendering を選択します。
  4. ファンネル fa-filter アイコンを押します。
  5. Page view attributes > Page Url から、サイトの holiday-merchandise ページを選択し、Back to groupings list [グループリストに戻る]を押します。
  6. Browser attributes > User agent OS から、Android を選択し、Back to groupings list を押します。
  7. フィルターリストを閉じるには、ファンネル fa-filter アイコンを押します。
  8. 標準の手順に従って、マップ機能を使い、 パフォーマンスの比較詳細を表示します。
  9. 属性名を選択して、フィルターをクリアします。

パフォーマンス比較の詳細

Page load performance タブと Historical performance タブ上のチャートは、選択した場所のパフォーマンス比較の詳細を表示するように、自動リフレッシュします。

Browser Filterable Geography Comparative Performance charts
Browser > (選択したアプリ) > Browser app > Filterable Geography: Charts on the Page load performance タブと Historical performance タブのチャートは、場所を先駆他すると、自動リフレッシュして、詳細情報を表示します。

Page load performance タブは、2つのチャートがあります。Average page load time チャートでは以下の内容を示しています。

Average network time チャートには、DNS ルックアップ、コネクションの確率、セキュア・ハンドシェイクに掛かった時間などのキーとなる要素を表示します。単位は秒。

チャート上のエリアが、ゼロまたはゼロに近いように見えることがあります。アプリによっては、既存の TCP 接続を使用しているため、新しい接続を確立する必要がないことが原因です。

Historical performance タブは、選択した場所の選択した期間、昨日、先週の比較データを表示します。以下の情報が含まれています。

  • 平均レスポンス時間
  • 分あたりのページ数を単位とした(ppm)のスループット

利用可能なメトリクス

New Relic Browser や New Relic Insights で地理的なパフォーマンスデータをフィルターしたり、グループ化できます。そこで利用可能なメトリクスは以下のとおりです。

パフォーマンス メトリクス
ページ
  • End user experience [ユーザー体験](Apdex)
  • Page load time [ページロード時間]
  • Throughput [スループット](分あたりのページ数 ppm)
  • Network time [ネットワークタイム]
  • Connection time [コネクション時間]
  • Secure connection time [セキュアなコネクション時間]
ネットワーク
  • IP マッピング経由の自律システム番号と名前
    (ASN)
  • SSL ネゴシエーションタイミング
  • DNS タイミング
  • ファーストバイトまでの時間
  • インターネットサービスプロバイダ(ISP)の ASN の緯度軽度

エンドユーザーのセキュリティを確認するために、New Relic Browser は、エンドユーザーの ISP の GeoIP 情報を収集しています。特定のユーザーの GeoIP 情報は、収集しません。例えば、ユーザーがオレゴン州のポートランドにいて、オレゴン州ビーバートンにある ISP を使っている場合、ビーヴァートンにある ISP の GeoIP 情報を収集します。

ユーザーエージェント
  • Operating systems [OS]
  • Browser names or types [ブラウザ名とタイプ]
  • Browser versions [ブラウザバージョン]
  • Device types [デバイスタイプ]

パフォーマンスと使用数の範囲

色分けされた凡例は、パーセンタイル範囲としてのパフォーマンスと使用数を示します。

パフォーマンスの色範囲
パフォーマンスを意味するパーセンタイルの色は、緑(最高)から、赤(最低)まであります。

パフォーマンスのパーセンタイルの範囲 (最高から最低まで) 緑色 黄色 オレンジ 赤色
バックエンドの処理時間 0-74.9 75-86.9 87-94.9 95 以上
コネクションのセットアップの処理時間 0-96.9 97-97.9 98-98.9 99 以上
DNS ルックアップの処理時間 0-96.9 97-97.9 98-98.9 99 以上
DOM 処理時間 0-74.9 75-86.9 87-94.9 95 以上
ネットワーク処理時間 0-74.9 75-86.9 87-94.9 95 以上
ページ読み込み時間 0-74.9 75-86.9 87-94.9 95 以上
ページ描画時間 0-74.9 75-86.9 87-94.9 95 以上
キューの処理時間 0-74.9 75-86.9 87-94.9 95 以上
セキュア・ハンドシェイクの処理時間 0-96.9 97-97.9 98-98.9 99 以上
ウェブアプリの処理時間 0-74.9 75-86.9 87-94.9 95 以上
使用数の色範囲
使用数をパーセンタイル形式の紫のグラデーションで表示します。最も薄い(最低利用)から最も濃い(最高使用)で示します。

利用数のパーセンタイルの範囲(最小から最高) 最も薄い紫 薄紫 濃い紫 最も濃い紫
ページ読み込み数 0-79.9 80-89.9 90-99.9 100
ユニークセッション数 0-79.9 80-89.9 90-99.9 100

関連情報

関連する情報は以下のとおりです。

  • Browser Geography (旧 Geography ページ。地域別の Apdex スコアやパフォーマンスを含む)
  • Page views ページ (エンドユーザーのサイトでの体験についての詳細情報)