New Relic Browser

New Relic Browser は、ユーザーが実際にウェブサイトで体験するユーザー体験に対する詳細情報と実践的なインサイトを提供します。New Relic Browser は、リアルユーザー監視(RUM: Real User Monitoring) として知られているページロードタイミングを計測しています。しかし、New Relic Brower では、さらにそれを超えた範囲のデータも監視しています。

上記の機能により、New Relic は、ページやビューのライフサイクル全体を通してリアルユーザー監視の対応範囲を拡張していします。

ライフサイクルの監視


New Relic Browser の紹介ビデオ (約 2分半)

最初のページ読み込みが完了した後に読み込みを開始する動的コンテンツを持っている多くのウェブサイトがあり、複雑な JavaScript コードが増えてきことにより、エラー報告が必要になるような状況が増しています。New Relic Browser を使うと、ユーザーのウェブページのセッション(最大10分まで)中のフロントエンドからバックエンドのパフォーマンス、そして個々のインタラクションなど、ページ全体のユーザー体験を可視化できます。

New Relic Browser は、以前のリアルユーザー監視ソリューションを大幅に強化しており、最初のページ読み込みだけでなく、ページ全体のライフサイクルのデータを監視しています。UI は個別のユーザーセッションを通してイベントを表示します。そのため、問題領域の特定や解決策を簡単に決定することができるようになります。

各エンドユーザーのページ読み込み時にキャプチャする内容は以下のとおりです。

  • フロントエンド (ブラウザ) にかかった時間
  • バックエンド (ネットワークや Webアプリ)にかかった時間
  • 位置
  • ブラウザの種類とバージョン、オペレーティングシステム

シングルページアプリ (SPA) アーキテクチャを監視している場合は、ルート変更のデータとそれに関連する AJAX リクエストをキャプチャします。

Browser は、チャート、マップ、テーブル形式で結果を表示します。すべてのユーザーのグローバルデータを見ることができます。さらに、そのデータを Webページ、ブラウザ、ユーザーセッション、位置別など様々な角度から見ることができます。加えて、New Relic Browser は、より高機能になっており、より詳細なチャート、データにフォーカスしていることによって、New Relic のオリジナルのリアルユーザー監視( RUM )機能を強化しています。

(Pro) 拡張機能

サブスクリプションレベルに応じて、以下の拡張機能が使えます。

New Relic Browser ページ Pro 機能
Browser Overview:
一目であなたの Web サイトのパフォーマンスを確認できます。

概要チャートで表示する内容:

  • ページ読み込みタイミング
  • ブラウザとアプリサーバーの Apdex スコア の比較
  • ブラウザ別のスループット
  • ページ読み込みの最近のセッショントレースとユーザーインタラクションイベント
  • JavaScript エラー率
  • AJAX レスポンスタイム

Overview ページからリンクをたどることで、より深い部分まで確認できます。

Session traces:

ページのライフサイクルにおけるページ読み込みのタイムラインとユーザーイベントのタイムライン

ユーザーセッション内の全イベントを詳細かつ直感的に可視化します。これにより、問題の範囲をピンポインと特定でき、簡単に対策を練ることができます。セッショントレース・ページでは以下の情報を確認できます。

  • 特定のセッションへのリンクを含む要約情報
  • 直接見ることが可能な、イベントや時間のあるヒートマップ
  • 展開されたウォータフォールのイベント(最大10分まで)。ドリルダウンして詳細を確認可能。
  • ページのライフサイクルを色分けで表示した凡例
  • 全体像から個々のインタラクションへ簡単に移動するためのズームツール
AJAX コール:

Webページのパフォーマンスに影響を与える時間のかかる AJAX コールや AJAX コールの失敗

AJAX ページは、ページの一部を更新するような時間のかかる AJAXコールがある場合に、ユーザー体験からページ読み込みタイミングの問題を特定するのに役立ちます。チャートには以下の情報が含まれます。

  • URLベースのメトリクスの合計時間の割合
  • スループット
  • レスポンスタイム
  • 平均データ転送速度
  • ステータスコードパターン
JavaScript errors:

全期間における本番環境でのブラウザエラー

テスト未実施の問題や確認の難しい問題にユーザーが直面した場合など、そのような問題を把握しやすくするために、JavaScript errors ページは以下の情報を示します。

  • 選択した期間に発生したエラー回数
  • ブラウザ種別のパターン
  • ページビューの割合
  • 可能な場合は、スタックトレースエラーの詳細情報
SPA Views:

シングルページアプリ (SPA) アーキテクチャーの監視

SPA 監視が終了したとき、Browser の Page views ページは以下の情報が表示されます。

  • ルート変更に関するデータ
  • 最初のページ読み込みに関するデータ
  • ブラウザのインタラクションに関連する同期、非同期のアクティビティ
  • ページロードイベントだけでなく、関連する全非同期処理を計測したページ読み込みタイミング

標準機能

以下の機能はサブスクリプションレベルに関係なく、利用可能です。

New Relic Browser ページ 標準機能
Browser Overview:
Web サイト全体のパフォーマンスを表示

概要チャート

  • ページ読み込みタイミング
  • ブラウザとサーバーの Apdex スコアの比較
  • ブラウザ種別ごとのスループット
  • ページビューの内訳

サブスクリプションレベルに応じて、さらに表示されるチャートもあります。

Page views:

サイトの人気具合を示す

(URL ベースのメトリクス) に基づいて、最も表示されたウェブページについての詳細情報。必要に応じて、ブラウザ、セッションのタイミング、スループット、リンクを含む。
Geography:

地域別のウェブページのパフォーマンス

世界中または特定の地域や州における、色分けされた Apdex スコアとユーザーに関するその他のデータ。
Browsers:
ブラウザ種別やプラットフォーム別の問題のパターン

ブラウザ別(Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Internet Explorerなど)に分類したアプリを使用したユーザーの体験。ドリルダウンして以下の情報を確認できます。

  • スループット別のブラウザの順位
  • プラットフォーム別(モバイル、デスクトップ、その他)の平均ページ読み込み時間
  • バージョン別のブラウザ種別 (例:Chrome 31、32、33 など)

ページ読み込みタイミングに関する問題が、特定のブラウザやプラットフォームにのみのものか、もっと広範囲に渡るものか素早く判断することができます。

ブラウザトレース:
読み込みから描画までが遅いユーザートランザクションの分析
ブラウザトレースは、位置やブラウザ種別とともに、単一のページ読み込みタイミングの内訳を示します。関連したページビューの集計データは、ベースラインとの比較情報やリンクをクリックすると、すぐにパフォーマンステストを実行できるリンクを提供します。

New Relic Browser Pro の機能が使えるのであれば、セッショントレースをブラウザトレースの代わりとします。

Settings:

ブラウザモニタリングの UI 設定

New Relic Browser の機能のオン/オフを切り替える簡単な方法。特定の機能を有効化/無効化を含む。例として以下のことが可能です。

関連情報

関連する情報は以下のとおりです。