ブラウザ監視とパフォーマンスの影響

New Relic Browser の JavaScript スニペットが、サイトへのパフォーマンスに与える影響はほぼありませんし、ページ読み込み時間中に、このスクリプトの読み込みをユーザー認識することもないでしょう。JavaScript のスニペットは、受信したウェブページの一部に含まれており、残りのページを実行するときに、エラーとイベントの監視を即座に開始ます。この JavaScript のロードに必要な時間は無視できるくらい小さいため、パフォーマンス計測に影はほぼ影響しません。

全体への影響

JavaScript のオーバーヘッドは、ユーザーとインフラの両方を考慮したものとなっています。

  • ユーザーの認識: 一般的に、ユーザーは、200 ミリ秒以下のサイトのパフォーマンス低下を認識できません。New Relic Browser の JavaScript は、ページ読み込み毎に 15 ミリ秒以下を追加します。そして、これは、分割されて読み込まれるため、ユーザーは、パフォーマンスへの影響を認識できません。
  • サイトとインフラ: New Relic Browser App Monitoring は、ユーザーのブラウザ上で実行されます。サーバー上ではありません。処理時間は、サーバーの CPU 消費に影響を与えません。

さらに、New Relic Browser は、監視対象のアプリとウェブページへの影響を最小限に抑えるために、追加の手順を踏んでいます。例えば、ページの全体のライフサイクルで監視を利用可能にするため、<HEAD> 内に同期で、「ローダー」スクリプトを読み込みます。このスクリプトは、インラインで埋めこまれます。それにより、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)への別のラウンドトリップネットワークリクエストの必要性を排除しています。「ローダー」は、最初のページ読み込み時に含まれています。

その後のページのライフサイクルで、New Relic は、非同期で別の監視スクリプトを読み込みます。これは、ユーザーに認識されるべきではないですし、ページ読み込み毎に 15 ミリ秒以下の全体のオーバーヘッドに含まれています。

ネットワークへの影響

New Relic Browser は、(クライアントの)ローカルにデータを集約し、load時、定期的に、unload 時、データが収集された時に、そのデータを New Relic に送り返すことで、エンドユーザのネットワークトラフィックを最小限に抑えるようにしています。(ブラウザセッションのアイドル期間中は、データ送信を行わない場合があります。)

さらに詳しい情報

追加のドキュメントリソースは次のとおりです。