ブラウザ監視と SEO

New Relic Browser は、監視対象サイトのページのヘッダー部に小さな「loader」スクリプトを埋め込みます。この JavaScript の計測は、以下を想定して設計されています。

  • フロントエンドのパフォーマンスを最大限可視化する。全ブラウザでページロードに掛かる正確な時間や JavaScript エラーや AJAX コールの詳細な情報をレポートします。
  • ページ読み込み時間と SEO への影響を最低限になるようにしています。検索エンジンのランキング、インデックス化、効率的なクロール、その他の SEO 関連の事項など。

インライン JavaScript の効率

ブラウザ監視を行うにあたり最も効果的な方法は、監視対象のページのヘッダーに最小限の JavaScript 計測コードをインラインで埋め込むことです。ページ読み込みが完了した後、このコードは必要な残りのコードを取得します。

その他のブラウザ監視の方法としては、ページボディの下部、もしくは、外部スクリプトを使用して、JavaScript コードを埋め込みます。しかし、この方法ではユーザー体験をすべて可視化できるわけではありません。

SEO への影響

パフォーマンステストの結果、New Relic Browser の JavaScript は、ページ読み込み時間の内でも無視できる程度の影響であるとわかりました。加えて、ユーザーや検索エンジンがサイトに対して行うインタラクションも、マイナスの影響を与えないこともわかっています。

サイトの所有者に対して、Google が一貫して推奨しているのは、ユーザーにとって価値があり、検索エンジンのクローラがアクセス可能であるサイトを構築することです。Google ランキングは、最も関連性の高い情報と最高のユーザー体験を提供するサイトを高く評価します。

New Relic Browser は、以下のようなパフォーマンスのボトルネックを特定することにより、サイトのユーザー体験を向上させるお手伝いをします。

New Relic Browser は、Javascript エラーを特定する場合に特に便利です。Google のボットは、AJAX 処理の重い Web アプリケーションのコンテンツを正確にクロールするために、サイト上の JavaScript コードを実行するようになっています。以前は、ユーザー(人間)にだけ見えた JavaScript エラー(例えば、壊れたボタン)も、Google のボットがサイトと正常にインタラクションが行えるかに影響をあたえる ようになってきています。

SEO や検索エンジンに参照されるトラフィックは、多くの企業にとって非常に重要であることを New Relic は、理解しています。New Relic Browser を効果的に使用して、パフォーマンスやユーザー体験を改善することによって、Google や他の検索エンジンにおけるサイトのランキングを向上させることもできます。

関連情報

関連する情報は以下のとおりです。