カスタムダッシュボードの作成

カスタムダッシュボード機能は Standard 以外の New Relic 有料アカウントであれば利用可能です。カスタムダッシュボードの作成、編集プロセスで選択したアプリケーション、モバイルアプリ、サーバー、プラグインからの情報がカスタムダッシュボードに追加する各チャートやテーブルにプロットされます。

メトリクス

選択するメトリクス値によって、チャートやテーブル上に表示される情報の種類や量が異なります。例えば、複数のメトリクスを選択して、ダッシュボード上の多系列グラフをプロットしたい場合は、以下の値を使用できます。

  • WebTransaction/accounts/createのような特定のメトリック値(Ruby の場合はWebTransactionControllerという名前です。)
  • WebTransaction/*のようなワイルドカード(Ruby の場合は、Controller/* です。)

さらに詳しい情報は、カスタムダッシュボードのメトリクスの選択をご覧ください。

ダッシュボードの構造の作成

Create new custom dashboard
Tools > Create custom dashboard: カスタムダッシュボードに名前を付けて、レイアウト (overview または grid) を選択する。次に、チャートやテーブルを追加する。

カスタムダッシュボードを作成する方法は、以下のとおりです。

  1. New Relic メニューバーから、Tools > Create custom dashboardを選択する。
  2. ダッシュボードのタイトルを入力する。または、デフォルト名のままにする。
  3. オプション: 選択したアプリケーションのデータのみ使用する [英語]ダッシュボードを作成するには、Legacy mode(レガシーモード)チェックボッックスにチェックする。
  4. レイアウト (Overview または Grid)を選択し、Create を押す。
  5. チャートやテーブルを追加する手順に進みます。

チャート、テーブル、データの追加

ダッシュボードに名前を付け、レイアウトを選択した後は、チャートやテーブを追加します。そして、チャートやテーブに表示する情報の種類を選択します。

Create a custom dashboard
Tools > Create custom dashboard > Add chart or table: チャートやテーブル用の値を選択します。終わったら、Save and finish を押して、カスタムダッシュボード上にチャートを表示します。その後、カスタムダッシュボード上にチャートやテーブルを追加し終わったら、I’m done editing を押します。
  1. ダッシュボードのレイアウトページから、Add Chart or table [チャートまたはテーブルを追加] を押す。
  2. Agent type [エージェント種別]を選択する。: Web application、Mobile application、Server、Plugin。
  3. 選択した種類の利用可能なエージェントのリストから任意のエージェントを選択する。例えば、特定の Web application、Mobile application、Server、Plugin のコンポーネントやインスタンスです。
  4. ダッシュボード上のデータの表示方法を選択する (Visualizer): Chart または Table。
  5. 適宜、プレビューウィジェットにてフィールドに値を入力します。
  6. Save and preview [保存してプレビュー]を押して、チャートやテーブルを保存して、ダッシュボードを表示します。もしくは、編集を保存せずに終了するには、ウィジェットの外側でクリックします。
  7. 終了してカスタムダッシュボードへ移動するには、Save and finish [保存して終了]を押します。
  8. カスタムダッシュボードを終了するには、I’m done editing [編集終わり]を押します。

カスタムダッシュボードの完成

Save and finish を押した後、続けてチャートやテーブを追加できます。(最大15個の)チャートやテーブルの編集や削除も行えます。また、既存のチャートやテーブルの変更や削除も可能です。

カスタムダッシュボードが完成したら、I’m done editing[編集終わり] を選択します。選択すると、カスタムダッシュボードを表示します。このダッシュボード上で編集、削除が行えます。

関連情報

関連情報は次のとおりです。