カスタムダッシュボードの編集

新規または既存のカスタムダッシュボード上で Save and finish[保存して完了] を選択した後は続けて、追加、変更、削除を行うことができます。カスタムダッシュボードには、チャートやテーブルを編集、削除、移動するためのツールがあります。

ダッシュボードに追加した既存の New Relic のチャートを編集できません。ただし、移動と削除は可能です。

この機能の利用の可否は、契約しているサブスクリプションレベル に依存します。

目次

編集手順

Editing custom dashboards
Tools > Custom dashboards > (選択したダッシュボード): Edit dashboardを押すことで、チャートやテーブルの編集(利用可能な場合)、​​移動、削除を選択できます。

既存のカスタムダッシュボードを編集する方法は、以下のとおりです。

  1. New Relicのメニューバーから、Tools > Custom dashboards を選択する 。
  2. カスタムダッシュボード一覧から、Edit (鉛筆)アイコンを選択する。もしくは、ダッシュボードの名前を選択し、Edit dashboard[ダッシュボードの編集]を押す。
  3. 選択したチャートやテーブルで、必要な編集ツールと編集機能 を使う。
  4. 変更内容を確認したい場合は、Save and preview [保存してプレビュー]を押す。
  5. 変更が完了したら、Save and finish [保存して終了]を押す。
  6. ダッシュボード上のすべての変更を保存するには、I’m done editing [編集完了]を押す。

編集ツールと編集機能

Custom dashboard edit widget
Tools > Custom dashboards > (選択したダッシュボード) > (選択したチャート): 編集(鉛筆)アイコンを押した際のカスタムダッシュボード上で選択したチャートや選択したテーブルの編集ページの例です。d when you select the edit (pencil) icon.

以下は、カスタムダッシュボードを編集するための標準的なツールや機能の一部です。

名とラベル
行いたいこと 実施すること
ダッシュボード名の変更したい ダッシュボードの上部に表示されている元の名前の場所に新しい名前を入力する。
チャートやテーブルにラベルを追加したい

チャートやテーブルに名前をつける手順は以下のとおりです。

  1. 編集対象のチャートやテーブルの編集 アイコンを選択する。
  2. 編集ウィジェット上で、Title フィールドを選択。

特定のアプリやサーバーを選択した場合、アプリケーションやサーバーを簡単に識別できます。

テーブルやチャート上の単位の種類(秒、kbps など)を識別するのに、Suffix フィールドを使います。

チャートまたはテーブルのY軸を定義したい
  1. 編集対象のチャートやテーブルの編集 アイコンを選択する。
  2. 編集ウィジェット上で、Y-axis unit label [Y 軸単位ラベル]フィールドに値を入力する。

Y 軸がミリ秒、秒、分当たりのページ(PPM)などのデータを示していること明確したい場合などの使えます。

Suffix フィールドを使うことで、チャートやテーブル上に表示される内容を明確にすることができます。例えば、Y軸が時間に関係していない時に使えます。

個々のチャートとテーブル
行いたいこと 実施すること
チャートを表に変更する、またはその逆
  1. チャートまたは表の編集 アイコン選択する
  2. ウィジェットの編集から、Visualizer [表示形式]を選択し、好きな形式を選ぶ
既存のダッシュボードにチャートや表を追加したい 選択したダッシュボード上で、Add chart or table [チャートまたは表を追加]を選択し、一般手順に従い、チャートや表を作成する
既存の New Relic チャートを既存のダッシュボードに追加する チャート付きのアプリケーション、モバイルアプリ、サーバー、プラグンのダッシュボードから、一般的な手順に従い、Add to dashboardを選択し、既存のダッシュボード名を選択する。カスタムダッシュボード上のチャートを移動したり、削除するには、即座に表示される here リンクを押します。
チャートまたは表の上に表示する項目数を選択したい

Limit フィールドは、メトリクス値がワイルドカード(*)を含んでいなければ、デフォルトでトップ5です。選択した メトリクス で並び替えられます。

通常、項目は最も遅いもの順となります。よって、チャートや表は遅い順トップ5となります。しかし、メトリクスにワイルドカード(*)が含まれている場合は、表示する項目数指定できます。

例えば、表に 25 をタイプしたら、カスタムダッシュボードは、表に最初の5行を表示し、利用可能な他の行を表示するリンクも表示します。

チャートや表の項目数を選択する手順は以下の通りです。

  1. チャートや表の編集 アイコンを選択する
  2. 編集ウィジェットで、Limit フィールドの値を入力する
ダッシュボードの構造
したいこと やること
チャートと表の並び替えたい

Column アイコン icon-cd-column-move.pngを選択し、チャートや表をダッシュボード上の動かしたい場所にドラッグする。

ダッシュボードからチャートまたは表を削除した

対象のチャートや表の 削除アイコンを選択し、確認ダイアログに従って、続けるか、キャンセルするか選びます。

ダッシュボード上のチャートの時間帯を変更したい

I’m done editing [編集完了]を選択し、カスタムダッシュボードに戻り、タイムピッカーを使って、時間帯を変更します。

ダッシュボード上の既存の New Relic チャートが、特定の時間帯にロックされている場合は、変更できません。かわりに、New Relic チャートを削除し、再度チャートを追加してください。その際に、Lock to spanにチェックしないでください。

ダッシュボードを削除したい
一旦、カスタムダッシュボードを削除すると、元に戻せないことに注意してください。

カスタムダッシュボードを削除するには、Delete dashboard [ダッシュボードの削除]を選択し、確認ダイアログに従って、キャンセルまたは続けるを選択してください。

チャート上の空白エリア

チャートをプレビューした時に、チャート上の領域に空白が表示された場合、選択した時間が原因かもしれません。チャートに分単位のデータを表示する場合は、ミリ秒単位の活動を持つ領域は空になるかもしれません。

データを表示するには、必要に応じて Value フィールドを変更してください。もしくは、タイムピッカーを使って、期間を指定し直してください。

関連情報

関連情報は次のとおりです。