AWS Kinesis Firehose 監視インテグレーション

この機能を利用できるかは契約しているサブスクリプションレベルによります。

Amazon Kinesis Firehose は、簡単にストリーミングデータをキャプチャして、ロードする方法を提供します。

Amazon Kinesis Firehose データ

New Relic Infrastructure インテグレーションは、以下の Amazon Kinesis Firehose データを収集します。

名前 データタイプ
deliveryToElasticsearchBytes Bytes
deliveryToElasticsearchRecords Count
deliveryToElasticsearchSuccess N/A
deliveryToRedshiftBytes Bytes
deliveryToRedshiftRecords Count
deliveryToRedshiftSuccess N/A
deliveryToS3Bytes Bytes
deliveryToS3DataFreshness Seconds
deliveryToS3Records Count
deliveryToS3Success N/A
incomingBytes Bytes
incomingRecords Count
putRecordBatchLatency Milliseconds
putRecordBatchRecordBatch Count
putRecordBatchSuccess N/A
putRecordBytes Bytes
putRecordLatency Milliseconds
putRecordsBytes Bytes
putRecordSuccess N/A

Amazon Kinesis Firehose 設定

New Relic Infrastructure インテグレーションは、以下の Kinesis Firehose 設定をサポートしています。

名前 データタイプ 説明
createTimestamp Timestamp 配信ストリームが作成された日時。
destinations DestinationDescription オブジェクトの配列 宛先
lastUpdateTimestamp Timestamp 配信ストリームが最後に更新された日時。
status String 配信ストリームの状態。
versionId String 宛先が配信ストリームに対して更新されるたびに、バージョン ID が変更されます。宛先を更新するときに現在のバージョン ID が必要になります。これは、サービスが配信ストリームの正しいバージョンに変更を適用していることをサービスが認識できるようにするためです。