AWS Route 53 監視インテグレーション

Amazon Route 53 は、ドメイン名を登録し、インターネットのトラフィックを適切なリソースにルーティングしたり、ウェブアプリが常に稼動していることを、リソースの健全性のチェックで確認しています。

Route 53 では、5分ごとにポーリングが行われます。CloudWatch のポーリング間隔は1分ごとに発生します。

この機能を利用できるかは契約しているサブスクリプションレベルによります。

Amazon Route 53 ヘルスメトリクス

AWS ヘルスチェックの場合、Amazon Route 53 は、以下のいずれかの基準に基づいて、リソースのレコードセットが正常かどうかを判断します。

  • ヘルスチェックで指定されたエンドポイントに、周期的にリクエストを送信することにより
  • 特定のヘルスチェックグループ(Calculated Health Checks)のステータスを集計することにより
  • CloudWatch アラーム(CloudWatch メトリックヘルスチェック)の現在の状態を判断することにより

New Relic Infrastructure インテグレーションは、以下の Route 53 ヘルスチェックのメトリクスをサポートしています。詳しくは、Amazon の Route 53 メトリクスとディメンションのドキュメントをご覧ください。

名前 データタイプ 説明
ChildHealthCheckHealthyCount Health checks Calculated Health Checks 用。Amazon Route 53 が監視しているヘルスチェックの中の健全なヘルスチェックの数。
ConnectionTime Milliseconds Amazon Route 53 ヘルスチェッカーがエンドポイントとの TCP 接続を確立するのに要した平均時間(単位:ミリ秒)。全地域または、選択された地域のヘルスチェックの ConnectionTime を表示できます。
HealthCheckPercentageHealthy Percent 選択されたエンドポイントが健全であるとみなす Amazon Route 53 ヘルスチェッカーの割合。HealthCheckPercentageHealthy はすべての地域のみ表示できます。選択した地域ではデータを利用できません。
HealthCheckStatus N/A CloudWatch がチェックしているヘルスチェックエンドポイントのステータス。 1 は健全であることを示しています。0 は不健康を示しています。HealthCheckStatus は全地域でのみ表示できます。選択した地域ではデータを利用できません。
SSLHandshakeTime Milliseconds Amazon Route 53 ヘルスチェッカーが SSL ハンドシェイクを完了するのに要した平均時間(単位: ミリ秒)。全地域または、選択された地理的地域のヘルスチェック用の SSLHandshakeTime を表示できます。
TimeToFirstByte Milliseconds Amazon Route 53 ヘルスチェッカーが HTTP または HTTPS リクエストに対するレスポンスの最初のバイトを受信するのにかかった平均時間(単位: ミリ秒)。全地域または、選択した地理的地域の健康チェックのために、TimeToFirstByte を表示することができます。

Amazon Route 53 インベントリ属性

New Relic Infrastructure インテグレーションは、aws/route53 キーの下にある以下の Amazon Route 53 インベントリ属性を収集します。

名前 データタイプ 説明
domainName string ドメイン名
zoneId string ホストされているゾーンの ID
isPrivate boolean ゾーンがプライベートであるかどうかを判断する値。
comment string ホストされたゾーンに関するコメント。
名前 データタイプ 説明
name String Record Set の名前
ttl Long リソースレコードのキャッシュ有効期間 (TTL) (単位: 秒)。
type String DNS レコードタイプ
weight Long 重み付きリソースレコードセットのみ: 同じ DNS 名とタイプの組み合わせを持つリソースのレコードセットのうち、現在のリソースのレコードセットを使って、Amazon Route 53 が返す DNS クエリの割合を決定する値。詳しくは、Route53 のドキュメントをご覧ください。
aliasTarget JSON クエリをリダイレクトする CloudFront ディストリビューション、AWS Elastic Beanstalk 環境、ELB ロードバランサ、Amazon S3 バケット、Amazon Route 53 リソースレコードに関する情報。
failover String フェイルオーバーリソースレコード。
geoLocation JSON 国コード、大陸コード、支部コードを含む、レコードセット用のジオロケーション設定。
healthCheckId String ヘルスチェックが成功したときに DNS クエリに応答して返される値。Route 53 ヘルスチェック基準の詳しい情報は、Amazon のエンドポイントが健全かどうかを判断のドキュメントをご覧ください。
Region String レコードセットが存在するリージョン>/td>
records JSON リソースレコードに関する特定の情報を含む構造体。例: [{"value":"\"v=spf1 include:_spf.google.com ~all\""}].
名前 データタイプ 説明
id String Record Set の名前
config JSON HealthCheckConfig 構造体を含んでいます。ヘルスチェックがネガティブロジックで動作している場合は Health Check のタイプ(または、Health Check の閾値)。Calculated Health Checks の場合は、子ヘルスチェックが含まれます。
alarmConfiguration JSON AlarmIdentifier 構造: Alarm Name、Health Check ID、Region を含んでいます。