AWS S3 インテグレーション

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) は、開発者および IT チームに、安全で耐久性があり、拡張性の高いクラウドストレージを提供します。 New Relic AWS S3 インテグレーションにより、S3 バケットサイズとバケットのオブジェクト数を確認でき、カスタムの構成設定を使用できます。S3 のポーリング間隔は、AWS ポーリング間隔をご覧ください。

インテグレーションを有効にする方法については、Infrastructure に AWS インテグレーションを接続するをご覧ください。

Amazon S3 のデータ

以下のメトリクスの詳細な説明については、Amazon S3 メトリクスとディメンションをご覧ください。

New Relic Infrastructure インテグレーションは、以下の Amazon S3 データを収集します。

メトリック データタイプ
BucketSizeBytes Integer, bytes
NumberOfObjects Integer, bytes

設定

New Relic Infrastructure インテグレーションは、以下の S3 設定をサポートしています。

/bucket:

名前 データタイプ 説明
region String このバケットがプロビジョニングされている AWS リージョン。
name String S3 バケット名。

/bucket/acl:

名前 データタイプ 説明
grantList JSON このプロパティは、バケットの S3 アクセスコントロールリスト (ACL) に従ってアクセスを許可されたアカウントのリストを保持します。ACL についての詳しい情報は、アクセスコントロールリスト(ACL)の概要をご覧ください。
isRequesterCharged Boolean リクエスタが支払う場合は true。そうでない場合は false。詳しくは、リクエスタ支払いバケット に関する Amazon ドキュメントをご覧ください。

/bucket/acl/owner:

名前 データタイプ 説明
displayName JSON S3 アクセスコントロールリスト (ACL) に従ってこのバケットを所有するアカウントの名前。ACL についての詳しい情報は、Amazon の ACL ドキュメントをご覧ください。

/bucket/crossOriginConfiguration:

名前 データタイプ 説明
rules JSON どのドメインがバケット内のデータを共有するかを定義している Cross-Origin Resource Sharing (CORS) ルール。CORS についての詳しい情報は、Amazon の CORS ドキュメントをご覧ください。

/bucket/lifecycleConfiguration:

名前 データタイプ 説明
rules JSON データストレージ管理のライフサイクル設定ルール。ライフサイクルについての詳しい情報は、Amazon のライフサイクルの設定についてのドキュメントをご覧ください。

/bucket/loggingConfiguration:

名前 データタイプ 説明
rules JSON ログの設定にアクセスします。アクセスログレコードは、リクエスタ、バケット名、リクエストタイム、エラーコード(存在する場合)を含む、各アクセスのリクエストに関する情報を提供します。ログ設定に関する詳しい情報は、Amazonのサーバーアクセスのロギングに関するドキュメントをご覧ください。

/bucket/policy:

名前 データタイプ 説明
policyText JSON バケットポリシーとユーザーポリシーは、Amazon S3 リソースにアクセス許可を与えるために使用できるアクセスポリシーの2つのオプションです。バケットポリシーに関する詳しい情報は、Amazon のバケットポリシーに関するドキュメントをご覧ください。

/bucket/taggingConfiguration:

名前 データタイプ 説明
tagSets JSON タグを使用して、独自のコスト構造を反映するように AWS の請求を整理できます。タグに関する詳しい情報は、Amazon のタグに関するドキュメントをご覧ください。

/bucket/versioningConfiguration:

名前 データタイプ 説明
status String これは、S3 バケット内のデータのバージョニングが、”Enabled”[有効]か or “Suspended”[一時停止]かを示しています。バージョニングに関する詳しい情報は、Amazon のバージョニングに関するドキュメントをご覧ください。

/bucket/websiteConfiguration:

名前 データタイプ 説明
indexDocumentSuffix String

バケットをウェブサイトとして設定するときは、index ドキュメント名を指定する必要があります。indexDocumentSuffix は、サイトのエンドポイント上のディレクトリへのリクエストに追加される接尾辞です。 (たとえば、接尾辞が index.html で、samplebucket/images/ にリクエストを送ると、返されるデータは、キー名 images/index.html 付きのオブジェクトとなります)接尾辞は空ではいけません。また、スラッシュ文字も含めないでください。バケットを静的なWebサイトとして設定する方法については、Amazon の例: 静的ウェブサイトをセットアップするをご覧ください。

routingRules String RedirectRule は、リクエストがリダイレクトされる方法を記述する Amazon S3 ウェブサイト設定のルーティングルールのプロパティのプロパティです。エラーが発生するイベントで返される別のエラーコードを指定できます。