AWS VPC インテグレーション

Amazon 仮想プライベートクラウド (VPC) は、Amazon Web Services (AWS) のスケール可能なインフラを利用する仮想ネットワークです。New Relic VPC インテグレーションにより、Amazon のサービス全体に上書きする構成イベントの変更を可視化することができます。

AWS VPC インテグレーションは、監視用のメトリクスは生成しません。ただし、構成イベントとインベントリの変更のフィードを生成します。VPC のポーリング間隔は、AWS ポーリング間隔をご覧ください。

インテグレーションを有効にする方法については、Infrastructure に AWS インテグレーションを接続するをご覧ください。

VPC の設定項目

New Relic Infrastructure インテグレーション以下の VPC 設定項目をサポートします。

メトリック タイプ 説明
awsRegion String リージョン名。
cidrBlock String VPC のネットワーク範囲(CIDR表記)。
dhcpOptionsId String VPC に関連付けられた DHCP オプションのセットのID (または、デフォルトオプションが VPC に関連付けられている場合はデフォルト)。
enableDnsHostname Boolean VPC で起動されたインスタンスが DNS ホスト名を取得するかどうかを指定します。この属性が true の場合は、VPC 内のインスタンスは DNS ホスト名を取得します。さもなければ、そうではありません。enableDnsSupport 属性も true に設定した場合にのみ、enableDnsSupporttrue に設定できます。デフォルトでは、この値は false に設定されています。
enableDnsSupport Boolean VPC で DNS 解決がサポートされているかどうかを指定します。この属性が true の場合、Amazon DNS サーバーはインスタンスの DNS ホスト名を、対応する IPアドレスに解決します。さもなければ、そうではありません。デフォルトでは、値は true に設定されています。
instanceTenancy String VPC で起動されたインスタンスのテナンシーオプション。default 設定では、デフォルトで “shared tenancy” [共有テナント]を使用して、インスタンスが起動されます。任意のテナントを含むインスタンスを共有テナント VPC に起動することができます。dedicated の場合は、インスタンスは、デフォルトで “dedicated tenancy” [専用テナント]インスタンスとして起動されます。dedicated または hostのテナント付きのインスタンスを “dedicated tenancy” VPC で起動できます。
このパラメータではホストの値を使用できません。デフォルト値や、dedicated [専用値]のみを使用してください。

デフォルト: default
有効な値: default | dedicated | host

isDefault Boolean VPC がデフォルトのVPCであるかどうかを示します。
state String VPC の現在の状態。
有効な値: pending | available

/internet-gateway:

メトリック タイプ 説明
attachments Array インターネットゲートウェイに接続されている VPC。
タイプ: InternetGatewayAttachment オブジェクトの配列。
awsRegion String リージョン名。

/network-acl:

メトリック タイプ 説明
attachments Array ネットワーク ACL と1つ以上のサブネットとの間の関連。

タイプ: NetworkACLAssociation オブジェクトの配列。

awsRegion String リージョン名。
entries Array ネットワーク ACL の1つ以上のエントリ(ルール)。
タイプ: NetworkACLEntry オブジェクトの配列。
isDefault Boolean これが VPC のデフォルトのネットワーク ACL かどうか。
vpcId String ネットワーク ACL の VPC のID。

/route-table:

メトリック タイプ 説明
associations Array ルートテーブルと1つ以上のサブネットとの関連。

タイプ: RouteTableAssociation オブジェクトの配列。

awsRegion Array リージョン名。
propagatingVgws Array ルートを伝播している仮想プライベートゲートウェイ(VGW)。

タイプ: PropagatingVgw オブジェクトの配列。

routes Array ルートテーブルのルート。

タイプ: Route オブジェクトの配列。

vpcId String この VPC のID。

/security-group:

メトリック タイプ 説明
awsRegion String リージョン名。
description String セキュリティグループの説明。
groupName String セキュリティグループ名。
ipPermissions Array セキュリティグループのに関連する1つ以上のイン受信ルール。

タイプ: IpPermission オブジェクトの配列。

ipPermissionsEgress String [EC2-VPC] セキュリティグループに関連付けられた1つ以上の送信ルール。

タイプ: IpPermission オブジェクトの配列。

ownerId String セキュリティグループの所有者の AWS アカウントID。
vpcId String セキュリティグループの VPC のID。

/subnet::

メトリック タイプ 説明
availabilityZone String サブネットのアベイラビリティゾーン。
availableIpAddressCount Integer サブネット内の未使用IPアドレスの数。停止しているインスタンスのIPアドレスは使用できないとみなされます。
awsRegion String リージョン名。
cidrBlock String サブネットのネットワーク範囲(CIDR表記)。
defaultForAz Boolean これがアベイラビリティゾーンのデフォルトサブネットかどうか。
mapPublicIpOnLaunch Boolean このサブネットで起動されたインスタンスが、パブリックIPアドレスを受信するかどうか。
state String VPC の現在状態。

有効な値: pending | available

vpcId String サブネットがある VPC のID。