CloudWatch 請求の増加

New Relic Infrastructure インテグレーションは、AWS モニタリング API と CloudWatch を利用してメトリックを収集します。AWS は、New Relic Infrastructure インテグレーションが使用する AWS サービス固有の API の多くで、厳しいレート制限を課しており、最初の 100万 を超えるリクエストに対して、共同顧客に料金を請求します。New Relic のインテグレーションを追加すると、CloudWatch APIの使用が増加するため、CloudWatch の使用料金に影響を与える可能性があります。

問題

New Relic Infrastructure の AWS インテグレーションを設定した後、CloudWatch API の使用が増加し、その結果 CloudWatch 請求額が増加しました。

原因

New Relic Infrastructure の Amazon インテグレーションは、CloudWatch 経由でメトリックを収集します。 AWS は、共同顧客に対して月に最初に 100万を越えるリクエストの請求をします。

CloudWatch の請求は、以下のどちらかの状況で問題が発生する可能性があります。

  • 同じサービスの複数のプラグインでインテグレーションを有効にする。
  • 誤った Role ARN を AWS インテグレーションに追加している。

対策

To remedy CloudWatch API の問題を解決するには、以下の対策を試みてください。

  • Infrastructure インテグレーションのアカウントに関連付いている ARN が正しいことを確認します。間違ったアカウントの請求情報が表示されなくなります。
  • ARN が正しい場合でも問題が解決しない場合、CloudWatch の利用コストを削減する唯一の方法は、CloudWatch を過度に利用している AWS サービスを 無効にすることです。New Relic は CloudWatch の使用状況を監視し、ヒューリスティックな手法を適用して、参照の頻度を減らして使用を制限しています。CloudWatch 参照の頻度を減らす方法やコントロールする手段はありません。
  • New Relic Infrastructure インテグレーション API の使用法を確認するには、Infrastructure > Integrations に移動し、Account status dashboard を選択します。これにより、先月の AWS API の呼び出し数のグラフと昨日の (AWS リソースごとの) CloudWatch API 呼び出し数が、Insights のダッシュボードに表示されます。この情報は、New Relic の API の使用状況だということに注意してください。その他の AWS API や CloudWatch の使用量は含んでいません。

関連情報

どのサービスが、過剰請求であるかを判断するには、New Relic Support や New Relic のセールス担当にお問い合わせください。