Infrastructure インテグレーションの紹介

ここでは、New Relic Infrastructure のインテグレーションの仕組みとその動作について説明します。また、インテグレーションに関する重要なドキュメントへのリンクも合わせて紹介します。

この機能を利用できるかは契約しているサブスクリプションレベルによります。

Infrastructure インテグレーションとは?

New Relic Infrastructure において、インテグレーションとは、特定のホスト/サーバー/システムデータを New Relic に送信できます。インテグレーションによって、Infrastructure のデフォルトの監視を補完することができます。とえば、MySQL のアクティビティを監視したい場合は、Infrastructure-MySQL インテグレーションをインストールすることでそれが可能となります。

New Relicは、Amazon/AWS インテグレーションMySQLNGINXCassandra インテグレーションなど、よく利用されているシステムとのインテグレーションを作成しています。し、引き続きその他のシステムとのインテグレーションも作成していきます。New Relic が作成したインテグレーションは、Infrastructureの Integrations タブに表示されます。データは New Relic Insights でも利用可能になります。

Infrastructure インテグレーション SDK を使うことで、独自のインテグレーションを作成することができます。

インテグレーションに関するドキュメント

以下はインテグレーションに関する主要なドキュメントとそのリンクです。

レポートできるデータの種類

Infrastructure インテグレーションで生成できるデータは、以下の3種類です。

  • Metrics: メトリックデータは、シンプルな数値データを扱いたい場合に利用します。例:キュー内のリクエスト数、1分あたりのデータベースのヒット数。
  • Events: イベントは、重要なアクティビティを記録したい場合に使用します。例:作成中のサービス開始や新規テーブルの作成。
  • Inventory: 現在のシステムの状態や構成情報。例:システムのアップグレード

New Relic 製品のインテグレーションデータがどこにあるかについては、インテグレーションデータの検索と利用をご覧ください。

ホスト上のインテグレーションファイルの構成

Infrastructure オンホスト・インテグレーションは、ホストやホスト上に存在するインテグレーションのことです(クラウドベースの Amazon/AWS インテグレーションとは異なります)。オンホスト・インテグレーションは、現在、MySQL、NGINX、Cassandra とのインテグレーションと、Integrations SDK で構築された独自のインテグレーションが含まれます。インテグレーションファイルの構造を理解することは、インテグレーションをカスタマイズしたり、トラブルシューティングする場合に役立ちます。

オンホストの Infrastructure インテグレーションは、以下のファイルで構成されています。

  • 任意の言語で書かれた1つ以上の実行可能ファイル。Infrastructure エージェントが想定する形式で JSON データをエクスポートするもの。
  • 定義ファイル (YAML形式)。サポートするプロトコルのバージョン、実行可能なコマンドのリスト、指定可能な引数など、インテグレーションに関する情報を指定します。
  • 構成ファイル(YAML形式)。実行する実行ファイルと実行に必要なパラメーターを指定します。

上記のファイルとその構造について詳しく知りたい方は、Integrations SDK ドキュメントをご覧ください。

Linux システムのファイル構成は以下に通りです。

  • 実行可能ファイルと定義ファイルは、次のディレクトリに置かれます。

    /var/db/newrelic-infra/custom-integrations
  • 設定ファイルは以下のディレクトリに置かれます:

    /etc/newrelic-infra/integrations.d/