Infrastructure インテグレーションデータの検索と利用

New Relic Infrastructure インテグレーション SDK を使用すると、誰でもホスト/サーバーのデータを New Relic に送信できるカスタムインテグレーションを作成できます。ここでは、送信されたデータが、New Relic 製品のどこに表示されるかを説明します。そして、そのデータの使用方法や分析方法のヒントも併せて提示します。

この機能を利用できるかは契約しているサブスクリプションレベルによります。

インテグレーションデータのタイプ

インテグレーションで生成できるデータは、以下の3種類です。

これらのデータタイプは、New Relic 製品のさまざまな場所で使用できます。これについては、後で詳しく説明します。これらのデータタイプの定義については、インテグレーションのデータタイプをご覧ください。

インテグレーション用のメトリクスデータを探す

以下の場所から、New Relic 製品におけるインテグレーション用のメトリクスデータを見つけることができます。

製品 データがある場所
Insights NRQL クエリやイベントデータエクスプローラー*から、利用できます。メトリクスデータは、送信済みのイベントタイプ(ComputeSample など)で問い合わせることで検索できます。インテグレーション SDK によって生成されたメトリクスデータには provider. 接頭辞が付きます。たとえば、provider.requestsPerSecond。Insights からこのデータを使用する方法については、Insights のティップスとクエリをご覧ください。
Infrastructure Infrastructure では現在利用できません。

New Relic 製のインテグレーション(AWS、MySQL など)用のデータは、Integrationsタブからデータと関連する機能へのリンクを見ることができます。

*インテグレーションのメトリクスイベントデータは両方とも New Relic Insights の観点からは、イベントデータとして分類されます。つまり、Infrastructure のメトリクスと Infrastructure のイベントの両方とも、Insight のイベントデータエクスプローラーから探せます。メトリックデータエクスプローラーからは探せません。

インテグレーション用のイベントデータを探す

以下の場所から、New Relic 製品におけるインテグレーション用のイベントデータを見つけることができます。

製品 データがある場所
Insights NRQL クエリとイベントデータエクスプローラーから利用できます。InfrastructureEvent イベントタイプを問い合わせることで、このデータを見つけることができます。 (インベントリの変更データも InfrastructureEvent データに変換されます。)Insights からこのデータを使用する方法については、Insights のティップスとクエリをご覧ください。
Infrastructure Events ページイベントのフィードにあります。

New Relic 製のインテグレーション(AWS、MySQL など)用のデータは、Integrationsタブからデータと関連する機能へのリンクを見ることができます。

インテグレーション用のインベントリデータを探す

以下の場所から、New Relic 製品におけるインテグレーション用のインベントリデータを見つけることができます。

製品 データがある場所
Insights インベントリの変更イベントのみ、Insight が検索可能なイベントデータに変換されます。これらのイベントは、NRQL クエリやイベントデータエクスプローラーから利用できます。インベントリの変更イベントは、InfrastructureEvent イベントを問い合わせることで検索できます。Insights からこのデータを使用する方法については、Insights のティップスとクエリをご覧ください。
Infrastructure Inventory ページにあります。インベントリの変更により InfrastructureEvent データは自動的に生成されます。そして、このデータはイベントヒートマップや Insights から探せます。

New Relic 製のインテグレーション(AWS、MySQL など)用のデータは、Integrationsタブからデータと関連する機能へのリンクを見ることができます。

Insights でインテグレーションデータを利用する

Insights を使ってインテグレーションデータを理解したり、活用する方法については、以下の推奨事項を参考にしてください。

  • イベントデータエクスプローラーを使うと、送信したインテグレーションデータがどういったものか知ることができます。データエクスプローラーでイベントタイプを見つけ、それにどの属性が関連付けられているかを調べます。データを理解することは、役に立つクエリを作成するのに役立ちます。
  • クエリページから、データへのクエリを作成できます。 (以下の例を参照)
  • クエリを作成したあと、それを Insights のダッシュボードに追加したい場合は、Add to dashboard [ダッシュボードに追加]を選択します。詳しい方法は、ダッシュボードの作成をご覧ください。

以下は、インテグレーションデータへのクエリの例です。

NGINX の例
以下は、NGINX インテグレーションのデータを使って、Insight ダッシュボードに結果を表示するクエリの例です。このクエリは、NGINX のリクエストの1秒あたりの平均値を示す時系列グラフを作成します。

SELECT average(`requestsPerSecond`) as 'Requests' FROM NginxSample TIMESERIES until 1 minutes ago

クエリの作り方についてもっと知りたい場合は、NRQL 構文をご覧ください。

MySQL 例
MySQL インテグレーションのデータを使ったクエリの例です。このクエリは、アクティブな MySQL コネクションを示す時系列グラフを生成します。

SELECT average(`connectionsActive`) as 'Active Connections' FROM MysqlSample TIMESERIES until 1 minutes ago

クエリの作り方についてもっと知りたい場合は、NRQL 構文をご覧ください。

インテグレーションが送信するデータの詳細を知りたい方は、インテグレーションドキュメントにあるそれぞれのインテグレーションのページをご覧ください。

インテグレーションデータのアラート

Infrastructure でインテグレーションのデータ用のアラート条件を作成する場合は、Integrations タブを選択し、対象のインテグレーションを選択し、アラート作成オプションを確認します。詳しくは、Infrastructure と Alerts をご覧ください。

また、NRQL クエリを使ったアラート条件の作成も合わせてご覧ください。